デヴィッド・ギルモアのギター・コレクション、I・コルツのオーナーが500万ドル分落札

ツイート

6月20日、デヴィッド・ギルモアのギター・コレクション(計127本)がオークションに出品され、総額2,149万750ドル(約23億円)で落札されたが、そのうちの約1/4はNFLの1チーム、インディアナポリス・コルツのオーナー、ジム・アーセイ氏が支払っていたそうだ。

◆デヴィッド・ギルモア画像

アーセイ氏は400万ドル近くまで値が上がった“Black Strat”に1969 Martin D-35アコースティック・ギター(109万5,000ドル)、それに“Black Strat”用のフライト・ケース(17万5,000ドル)を手に入れたという。

彼は、『Rolling Stone』誌に「僕はピンク・フロイドを愛してるんだ」「(ロジャー・)ウォーターズの歌詞とギルモアのプレイ、彼らのストーリー全てと突出した才能は甚大で、僕は今回のことに言葉にならないほど興奮している」と話した。

アーセイ氏は2016年にプリンスの“イエロー・クラウド”ギターを落札。前年には、リンゴ・スターのドラム・キットを手に入れている。エルヴィス・プレスリーやジョン・レノンが所有していたギターも持っているそうだ。

ギルモアはこのオークションの収益を環境保護団体ClientEarthへ寄付した。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報