全英シングル・チャート、エド・シーラン&ジャスティン・ビーバーが7週連続1位

ツイート

今週のUKシングル・チャートは、先週と変わらず、エド・シーランとジャスティン・ビーバーのコラボ「I Don’t Care」が首位をキープした。5月10日にリリースされ初登場で1位に輝いて以降、7週連続となる。

◆エド・シーラン画像

来月、コラボレーションを集めた『No.6 Collaborations Project』を発表するシーランは、チャンス・ザ・ラッパー&PnBロックと共作した「Cross Me」も4位に入っている。

2位には、ショーン・メンデスとカミラ・カベロのデュエット「Senorita」が初登場した。ストームジーの「Vossi Bop」が2位から3位へ後退したが、新たに彼のニュー・シングル「Crown」が5位にチャート・インしている。

アルバム・チャートは、スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディの『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が1位に返り咲いた。同作は4週連続で1位をキープした後、先週、ブルース・スプリングスティーンとマドンナの新作が登場したことにより3位に後退していた。

2位にはウィル・ヤングの7枚目のスタジオ・アルバム『Lexicon』が初登場。先週トップだったブルース・スプリングスティーンの『Western Stars』は3位に後退した。

今週は、ヤングほか、マーク・ロンソンの5枚目『Late Night Feelings』が4位、北アイルランド出身のインディ・ロック・バンド、トゥー・ドア・シネマ・クラブの4枚目『False Alarm』が5位、ザ・ラカンターズの11年ぶりの新作『Help Us Stranger』が8位にチャート・インしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報