【速レポ】<京都大作戦2019>四星球、「いつまでもライブハウスバンドの目標であってください」

ツイート

曇り空だが、時々、陽の光も差す太陽が丘。完全に京都特有の蒸し暑さ。そこに降臨したのは四星球だ。いつものように北島康雄(Vo)は白ブリーフにハッピ姿で、街にいたら変質者扱いだろうが、この蒸し暑い<京都大作戦>の中にあっては、妙に爽やかにも映る。そんな爽やかイケメン=北島の「4日間、無事に開催されますように晴れを祈願したい」との宣言で、てるてる坊主姿のまさやん(G)とU太(B)、モリス(Dr)が扮する巨大てるてる坊主も登場。これで快晴、間違いなし…か?

◆四星球 画像

そんなオープニングから始まった四星球のステージ。やりたいことが多すぎて時間が足りないってことで、まずは「時間がないときのRIVER」をわずか1秒で決め、その勢いのまま北島は早くもステージを降りて客席エリアに突入。フェンスに足を掛け立ち上がった姿は、BRAHMANのTOSHI-LOWっぽいのだが、力を込めて北島はこう言う。


「あの~、楽屋裏では“去年のリベンジや”とかいろいろ言ってて。僕ら、去年呼ばれてないんですがー!! 去年呼ばれてないバンドの苦しみ、分かるか!? ということで今日は2018年夏でございます。平成最後の<京都大作戦>、いきますよ!」

傍若無人である。それは曲にも発揮されていく。10-FEETの「RIVER」をカバーしながら自分たちの「クラーク博士と僕」の歌詞を乗せてみたり、「言うてますけども」では「<京都大作戦>を絶対成功させたい」ということでマキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTY、ORANGE RANGEの一節をブチ込んでみたり。やりたい放題だが、10-FEETや<京都大作戦>への愛がビンビンに感じられる。そしてまた、さすが、教育大出身のメンバーが多い四星球。まるでNHKの歌のお兄さんのごとく、楽しい振り付けを優しく教えながら、オーディエンスを自分たちの曲に巻き込んでいった。誰をも躍らせ、そして笑顔にさせてしまうのが四星球だ。


そしてライブ後半のこと。ヤバTのこやまのMCにグッときたという北島がこう語った。

「今、36なんで、40歳までに<京都大作戦>源氏ノ舞台で10-FEETのひとつ前をやります! それまで絶対に<京都大作戦>、続けてください。<京都大作戦>はいつまでもライブハウスバンドの目標であってください」

そう力強く宣言した。それでエンディングを迎えればカッコいいのだが、それじゃ済まないのが四星球。このままでは源氏ノ舞台しか晴れないだろうから、モリスに牛若ノ舞台まで行ってもらうという。どこに行くのか確認されたモリスも「その向こうへ!」と叫び、やる気十分。BGMで10-FEETの「その向こうへ」が流れるなか、10-FEETの「ハローフィクサー」の宣伝カー(もちろん、まさやんお手製の段ボールで作ったもの)に模した神輿にモリスが乗り、メガホンで曲を歌いながら牛若ノ舞台へGO! 最後はモリスがどっかまで行ってしまうという、四星球が<京都大作戦>だけで見せる大ワザ。でっかい笑い声を最後の最後まで起こし続け、最高のコミックバンドぶりを発揮した。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【四星球 セットリスト】

01. 時間がないときのRIVER
02. クラーク博士と僕
03. クラーク博士とRIVER
04. 鋼鉄の段ボーラーまさゆき
05. 言うてますけども
06. Mr.Cosmo (short ver)
07. SWEAT 17 BLUES

■<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->

6月29日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
6月30日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月06日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月07日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定

この記事をツイート

この記事の関連情報