【速レポ】<京都大作戦2019>WANIMA、「みんな! 雨もやんだよ!」

ツイート

ご陽気なSEが流れる始める頃、さっきまでの土砂降りは弱い霧雨に。トンボまで太陽が丘に飛び始めた。ワンチャンに賭ける持ってる男たち、WANIMA。天気もモノにするとは、さすがである。そこから始まった「JUICE UP!!のテーマ」は、「京都大作戦、おいでやす~」とFUJIの声も入った“舞子はんバージョン”とでもいうような一発。これに乗って出てきたKENTAは、ステージを滑りながら遊ぶわ、KO-SHINも両腕上げながら煽るわ、FUJIはドラをぶっ叩くわ、演奏前から大騒ぎ。

◆WANIMA 画像

「<京都大作戦2019 ~倍返しです!喰らいな祭~>、WANIMAとみんな、せぇ~の!」とKENTAが叫ぶと、オーディエンスは一斉に「開催しまーす!!」と気持ちをひとつに。こうして「いいから」からステージが始まった。人懐っこい笑顔の3人が思いっきりテンション高くライブをすれば、オーディエンスもクシャクシャの表情で一緒に歌いながらハンドクラップ。ちょっとしたスケベソングであるはずだが、楽しさしかない。


「みんな! 雨もやんだよ! そうしたら俺たちが10-FEETに作った曲!!」

そう、彼らが数年前に10-FEETのために書いた名曲だ(嘘)。もちろんKO-SHINが手にするのは、以前、誕生日にTAKUMAからいただいたという黒いエクスプローラー。ギターソロを弾くとき、下唇をちょっと出し気味にしているような、いないような。そんなことを思っていたら、曲が2番に入ったところで10-FEETが飛び入り。TAKUMAがメインで歌い、さらに京都が生んだキングオブポップのKOUICHIも気持ちよく歌う。WANIMAのライブだからか、NAOKIはいやらしい腰つきで踊り出す。倍返しのやり合いみたいなステージとなった。

「みんなありがとう。日本で一番<京都大作戦>が好き、WANIMAです。「VIBES BY VIBES」は、これから10-FEETという兄さんにあげたいと思います!」

本気と適当の入り混じったKENTAの言葉から、今度はKO-SHINが煽りを決めながら「アゲイン」へ突入。さらに曲が続くなか、ツアーで鍛え上げたバンドの力をとことんまで見せつける。WANIMAの音、歌、曲に煽られて、太陽が丘では泥んこクラウドサーファーたちの舞も。「BIG UP」ではFUJI得意の物マネで、鹿児島のあの御大も大作戦に絡めて歌い出す。


「大作戦、もう一回言わせてください。日本で一番大作戦が好き、WANIMAです。いつもはグループラインにラインをしてくれないKOUICHIさんからラインが来て、“KO-SHIN、ライブがんばれよ”って。本番ギリギリ2分前に来てました。ありがとう」

会場にいる全員でサビをともに歌いながら始まったのは「ともに」。メンバーのピュアな気持ちから生まれる言葉の数々、宝のように輝く前向きなメッセージが、すっかり雨もやんだ太陽が丘に気持ちよく響いていった。また「シグナル」の途中では、“10-FEET!”や“TAKUMA!”、さらに“KOUICHI!”や“NAOKI!”とコール&レスポンスも起こし、大作戦を熱く彩っていく。


その「シグナル」のエンディングのこと。バンドサウンドを伸ばしながら「アンコール!」とKENTAが連呼し始めた。もちろんオーディエンスもハンドクラップと掛け声で、やっぱり気持ちをひとつに。KENTAが「倍返しだ!!」と叫んで、ラストの「Hey Lady」へ。どこまでも明るいWANIMAのライブ、エンディングには青空も見え始めていた。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN

【WANIMA セットリスト】

01. いいから
02. VIBES BY VIBES
03. アゲイン
04. 渚の泡沫
05. BIG UP
06. ともに
07. シグナル
08. Hey Lady

■<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->

6月29日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
6月30日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月06日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月07日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定

この記事をツイート

この記事の関連情報