安斉かれん、デビュー3部作シリーズの第2弾「誰かの来世の夢でもいい」のミュージックビデオを解禁

ツイート

話題のポスギャル「安斉かれん」が、デビュー3部作シリーズの第2弾「誰かの来世の夢でもいい」のミュージックビデオを解禁した。


デビュー前から、多くのファッション・メディアに登場し、注目を集めている “次世代ギャル (=ポスギャル)” の一人「安斉かれん」。

令和元日に、デビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をデジタルシングルとしてリリースし、そのミュージックビデオはMTV「5月度前期 BUZZ CLIP」、M-ON!「5月度 M-ON! Recommend」で2冠を獲得、YouTubeの再生回数は、100万回を超えている。さらに、リバイバル企画として8cmシングルを全国タワーレコードで無料でリリースしたことでも話題を呼んだ。

先日、コスメティックブランドM・A・Cとの連続コラボレーション企画第3弾となるビジュアルが発表されると同時に情報解禁された「誰かの来世の夢でもいい」が、本日より、サブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定でリリースされ、同時にそのMusic Videoも解禁された。

この映像の一部は「安斉かれん」のオフィシャル・サイトで、既に“Non-Music Video(音楽をあえて省きシネマティックな音像で製作したティザー)”として先行公開されており、ファンからは「早く新曲が聞きたい!」「この続きが楽しみ!」などのメッセージも届いていた。

高度なMRが実現した近未来の『Immersive Society 3.0』を描いた3部作の第2弾となる今作も「辻本祐希」監督を中心に、世界的な人気を誇る「BRDG」から「Kota Yamaji」、スタイリングには唯一無二のスタイルでストリートを牽引する「RISA“RIBBON”KATO」、ヘアメイクにはコラージュアーティストとしても活躍する「TORI.」、日本を代表するCG制作会社「Cafe Group」など、気鋭のトップクリエイターたちが集結し、サイバーパンクとヴェイパーウェイヴが見事に融合したアヴァンギャルドなSci-fiをビジュアライズしている。

<M・A・C Information>

「EYEBROW」#MACKALENANZAI
M・A・Cでは異なる眉メイクで仕上げた〈Healthy〉〈Cool〉〈Lovely〉をテーマに、誰でも眉メイクひとつで理想の自分に近づける3ルックを提案。
2019年6月20日(木)~M・A・C公式オンラインショップと全国のM・A・C店舗にて展開中。
■M・A・C JAPAN Instagram:@MACCOSMETICSJAPAN
■M・A・C OFFICIAL SITE:WWW.MACCOSMETICS. JP

<安斉かれんInformation>

■3部作シリーズ第2弾
2nd SINGLE「誰かの来世の夢でもいい」
7月1日(月)/ サブスクリプション音楽ストリーミングサービスのみで配信開始
https://avex.lnk.to/anzaikaren_darekano
■3部作シリーズ第1弾
DEBUT SINGLE 「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」
サブスクリプション音楽ストリーミングサービスのみで配信中。
https://avex.lnk.to/kalenanzai_sekai
この記事をツイート

この記事の関連情報