【連載】CIVILIAN コヤマヒデカズの“深夜の読書感想文”第十五回/中山七里『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』

ツイート

皆さんこんにちは。CIVILIANというバンドで作詞作曲ヴォーカルギターをやっています。コヤマと申します。

まずはじめに、この連載の更新がとてもとても遅くなってしまって、本当にごめんなさい。気長に待ってくださったBARKSの皆さんと、懲りずにこれを読んでくれている皆さんには感謝しかありません。

今年に入ってから僕は、自分のこと、バンドのこと、その二つのことをしっかりする為に自分の時間と労力のほとんどを費やすようになって、気がつけばこの連載も最後の更新から随分と時間が経ってしまいました。楽なことではないと分かっていたし、出来る限り頑張ろうと思って始めたことではあったけど、継続することの難しさを痛感しています。

話が飛びますが麻薬やアルコール中毒、ギャンブル依存症などを完治させるのは本当に難しいそうですね。どんなに長期間やめられていても、一度でも再び手を出してしまったらその瞬間にまた中毒者に逆戻りするのだとか。つまりふとした瞬間湧き上がってくる、再びそれらに依存したいという感情を、鉄の自制心によって死ぬまでこらえ続けるしかないのだとか。地獄のような毎日ですね。僕にとっては「憂鬱」や「劣等感」や「怠惰」がそれに当たります。どんなに克服したと思っても、自分で自分を殺しきったと思っても、ほんの些細なきっかけでフラッシュバックのように墓場から這い上がってきて、足を掴んで土の中へ引き摺り込もうとしてくる。さあよく見てみろ、どれだけ真人間を気取ろうがお前など一皮剥けば畜生のままなのだ、見ろ、見ろ、見ろ。頭を掴まれ、指で無理矢理まぶたを開けさせられ、見たくもない醜い自分を見せられる感覚。分かるかなぁ。僕らは、やはり死ぬまでこらえ続けるしかないのでしょうか。憂鬱や劣等感や怠惰を、耐えて耐えて耐え切った先に素晴らしい未来があるんでしょうか。
今回ご紹介するのは、罪を償うこと、変わるということ、そういった話です。

(この感想文には本編のネタバレが平気で書いてあります。バレたくない方は、読み終わってから目を通して頂けますと幸いです。特に今回はトリックやどんでん返しに関わる重大な事柄も書くので、読む前にこっちを読むと楽しさが激減します。)

  ◆  ◆  ◆

贖罪の奏鳴曲
中山 七里 (著)
Amazon詳細ページへ

【第十五回 中山七里『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』】

■「殺人者になれる資質」と、人は変われるのかということ

第十五回はこの本。中山七里さん作『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』です。
具体的に本のことを書き始める前に書いておこうと思うんですが、今までの感想文で書いていたような、ストーリーをここで必要以上に詳しくなぞったりするのは今回から基本的にやめようと思います。あらすじや内容は、皆さんが今このページを開くのに使っている機器によって容易に検索できるでしょうし、すでに既読の方にとっては退屈なだけだと思うので、あらすじなどは最低限にして、感想自体に重きを置いていこうと思います。その結果、文章のボリューム的には今までよりも少なくなるかも知れませんが、空いた時間にさくっと読みやすくなったという風に思って頂けたらと。

あらすじはこうです。
どんなに不利な裁判でも必ず判決をひっくり返し、減刑あるいは無罪を勝ち取る凄腕の弁護士がいました。名前は御子柴礼司。警察が捜査によって有罪にした被告も、この弁護士が弁護をすると判決をひっくり返されてしまう為、警察からはとても嫌われていました。そして依頼料として法外な大金をふんだくる為、悪評も絶えませんでした。

ある時、30代前半と思われる男の水死体が発見されます。男の職業は元記者で、最近はスキャンダルをネタに直接本人を脅迫して金をむしり取るような下衆でした。その男は、どうやら殺される前にある人物の周辺を嗅ぎ回っていたようです。それは、保険金目当てで夫を殺した容疑をかけられ、一度は有罪判決を受けている東條美津子とその息子・幹也。そしてその美津子の弁護を途中から(敗色濃厚な状態で)前任から引き継いで任されたのが御子柴でした。

刑事である古手川と渡瀬は、殺された元記者の事件を追って東條製材所に訪れた際に、弁護を担当する御子柴と遭遇します。そこで古手川と渡瀬は、御子柴を見てあることに気が付きます。それは御子柴の顔が、かつて幼女を殺害し遺体をバラバラにして放置するという猟奇殺人を起こした14歳の少年、園部信一郎に酷似しているということでした。

果たして元記者を殺したのは誰なのか。東條美津子は本当に保険金目的の計画殺人を犯したのか。そして御子柴の過去とは。というお話です。


いわゆるリーガル・サスペンスというジャンルですね。殺人事件が起こり、法廷闘争があり、その裏で色々な人間関係が交錯して、トリックやどんでん返しがあり…という、サスペンスの王道という感じです。

聞いた話なので確かではありませんが、主人公の御子柴礼司は、作者の中山七里さん曰く手塚治虫のブラック・ジャックをイメージして書いたのだとか。一見すると傲岸不遜な嫌われ者で、怪しい依頼者から法外な金をふんだくり、仕事の腕は超一流で、実は複雑な過去を抱えていて、心の底では失ってしまった人への償いの気持ちや仕事に対する信念を持っている。言われてみれば確かにそうですね。この手のキャラクターは男から見てもとても格好良い。御子柴の場合は過去に一度罪を犯しているのでその贖罪の意味もあるのでしょうが、努力を感じさせない、誰も見ていないところで誰よりも必死になる人、僕は好きです。

「贖罪」という言葉が出たので、その話も。本作のタイトルにもなっている「贖罪」という言葉。言葉の意味としては、犠牲を捧げることによって犯した罪をあがなうことを言います。皆さんは、何かミスや間違いを犯してしまった時、どうやってそれを償えば良いか考えたことはあるでしょうか。例えば仕事のミスならまだ分かりやすいかも知れません。友人に粗相をしてしまった、なども。では、人を殺したことに対する償いとは、一体何をすれば良いのでしょうか。この先も続くはずだった人生を強制的に終わらせ、一人の人間の人生そのものを奪う殺人という罪。それに対して、一体何をすればその罪を埋め合わせることができるのでしょうか。僕がもし殺された人間の遺族だったとしたら、殺した相手のことを「お前も死ね」と思うかも知れません。自分が犯人を殺してやりたいと思うかも知れません。僕の感覚でしかない話ですが、殺人に限らず、罪というものは何をしても埋め合わせることなど出来ないのだと思います。大事なものを壊された埋め合わせで「同じものを買ってきたよ」と言われたところで、自分にはそれが同じものには見えないこともあるでしょう。かつて少年だった御子柴が聞いた「殺人を犯した者の償いかた」が、御子柴を弁護士の道に進ませるのですが、それだって正解なのかといえば、きっと誰にも分からないと思います。

『償うってのはな、犯した罪の埋め合わせをするって意味だ。後悔することじゃない。何百日後悔し、謝罪の手紙を何百通認めたところで女の子が生き返るわけじゃあるまいし。』(本文より)

殺人という一線を越える行為は、並大抵の感覚で出来るものではありません。僕自身、頭の中ではむかつく奴を何人も殺しましたし、今でもこいつまじで殺してやろうかと思う人もいますが、それを考えることと実行に移すことはきっと別の問題です。相手の人生を奪うことの重大さ、刃物が肉を通る痛み、暴力を振るわれる恐怖、それらが少しでも想像できた時点で、ほとんどの人間はブレーキを踏みます。

単なるトリックの面白さやどんでん返しのカタルシスだけではない、少年法や裁判員制度について、そして罪を償うとはどういうことなのか、色々なことを考えさせられました。間違ってしまった我々は、きっと生涯を賭して、何が本当の償いになるのだろうかと考え続けなければならないのだと思います。

未読の状態で不幸にもここまで読んでしまった方は面白さが減ってしまったかも知れませんが、それでも十分に面白いので是非読んでみてください。
それじゃあまた。

<CIVILIAN 3rd Anniversary Live “THREE”>

2019年7月18日(木)渋谷CLUB QUATTRO
開場 : 18:00 開演 : 19:00
チケット : 前売り¥3,500 当日¥4,000 (ドリンク代別)
一般発売中
〈e+(イープラス)〉http://eplus.jp/civilian/
〈ローソン〉http://l-tike.com/civilian
〈ぴあ〉http://w.pia.jp/t/civilian-pr/

■ライブ出演情報

<MURO FESTIVAL 2019>
2019年7月20日(土)
千葉県 幕張海浜公園Gブロック特設会場

<鳴ル銅鑼 ”和モノノ化ケモノ”ツアー>
2019年8月30日(金)宮城 仙台enn2nd
2019年8月31日(土)栃木 HEAVEN’S ROCK宇都宮2/3
出演 : 鳴ル銅鑼、真空ホロウ

<AliAliVe2019-realize->
2019年9月27日(金)千葉 柏PALOOZA
出演 : AliA , VOI SQUARE CAT , CIVILIAN

2019年9月28日(土)栃木 HEAVEN’S ROCK宇都宮2/3
出演 : AliA , CIVILIAN , and more,,,

2019年11月26日(火)長野 NAGANO CLUB JUNK BOX
出演 : AliA , CIVILIAN , and more,,,

CIVILIAN EP『邂逅ノ午前零時』

発売中
1,389円+税 品番:SRCL-9994

この記事をツイート

この記事の関連情報