【インタビュー】KOJI [ALICE IN MENSWEAR]、「defspiralとの“プロの本気”を観てもらいたい」

ツイート

ALICE IN MENSWEARとdefspiralの2マンツアー<ALICE IN MENSWEAR COUPLING TOUR 2019『Down The Rabbit Hole』with defspiral>が、7月7日の西川口Hearts公演を皮切りに全6都市6公演の規模で開催される。元MASCHERAのmichi.と、元La'cryma ChristiのKOJIからなる新ユニットALICE IN MENSWEARの初ツアーにdefspiralが招かれた理由は、先ごろ公開した両バンドのトークセッションで語られたとおり。そこには、ミュージシャン同士の信頼と化学反応があり、この2バンドならではのスペシャルな試みも用意されている。

◆ALICE IN MENSWEAR × defspiral 画像

BARKSでは改めてKOJIに、いわゆる2マンツアーとは異なるものになるであろう<ALICE IN MENSWEAR COUPLING TOUR 2019『Down The Rabbit Hole』with defspiral>の深層について話を訊いた。お互いのオリジナル曲に新たな息吹を注ぎ込む“6人によるガチカバー”の意図、KOJIとMASATOの深い関係性、そして現在のALICE IN MENSWEARとその先。「プロの本気を観てもらいたい」と語るKOJIの言葉をお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■どちらの楽曲も完璧にカバーしつつ
■新たにコーラスやハモリフレーズを考えて

──2マンツアー<ALICE IN MENSWEAR COUPLING TOUR 2019『Down The Rabbit Hole』 with defspiral>が7月7日からスタートします。BARKSでは先ごろ、両バンドのトークセッションを掲載しましたが、この2バンドならではの試みも用意されているというお話がありました。

KOJI:ただ単に2つのバンドがそれぞれステージ立つというカタチだけではなく、どうしてこの2バンドが一緒にステージに立つのか、その意味付けとなることもしたいんですよ。たとえば、憧れのアーティストのカバーをやるとかっていう手法はよくあるけど、それって誰とでもできることじゃないですか。

──はい、ロックの名曲カバーとかも含めて。とすると、この2バンドならではのセッションが用意されているという?

KOJI:お互いのオリジナル曲をカバーし合おうと思ってます。ステージ上に6人全員が並んで、ガチのカバーを。僕らがdefspiralの曲をカバーするときは、michi.がコーラスを完璧にキメて、オレはMASATOのフレーズに対するハモリフレーズをつくって。だから、1〜2回リハしてノリでやってみましたというセッションではなく、6人の曲として完成させようと。それならファンの方にも喜んでもらえるでしょう?

──ある意味、バンド側はバチバチですよね。6人バージョンがお互いのオリジナル曲を超えちゃう可能性もあるわけだから。

KOJI:ははは! そうそう。お互いに“ヤバイかも”って思いながら(笑)。

──すでに内容は決定しているわけですか?

KOJI:6ヵ所6公演のツアーだから、お互いに3曲ずつ出し合って、1会場で1曲ずつ計2曲を演るにしても全ヵ所違う組み合わせで曲を届けることができたらいいなって。しかもdefspiralのRYOくんの提案で、そのうちの各1曲はアコースティックアレンジで披露しようっていうことになったじゃないですか。だから、いわゆる2マンだけど結構な準備期間をかけて、プロの本気をファンの方々に観てもらいたいなと思ってます。

──楽曲セレクトはどのように?

KOJI:defspiralがdefspiralの曲から、ALICE IN MENSWEARがALICE IN MENSWEARの曲から、“この曲を演りたい”っていうのを選んだカタチです。先日の対談でも話したけど、4〜5年前にALvinoとdefspiralが2マンしたことがあるんですよ。そのときは、MASATOが「La'cryma Christiの「未来航路」をセッションしたい」って言って演ってくれたし、ALvinoはdefspiralの「ESTRELLA」というミディアムチューンをカバーしたんです。defspiral主催ライヴのゲストに出演したから、その2マンの締め括りは「ESTRELLA」だったんだけど、ミディアムチューンよりも、盛り上げてライヴを終えたほうがよさそうな会場の空気が生まれたとき用に、もう1曲、defspiralのアッパーチューンを用意していたんですね。もちろん、どちらの曲も完璧にカバーしてハモリフレーズも考えておいて。で、実際に「ESTRELLA」を演ってみたら、想像していた以上にお客さんが“ウワーッ!”って盛り上がってくれて、結果、アッパーチューンの必要がなかった。そのときみたいに、みんなに喜んでもらえるようなガチのカバーを今回も演りたいんです。

──ALICE IN MENSWEARもdefspiralも、キャリアや実績のあるメンバー揃いだからこそ出来るガチでもありますよね。

KOJI:そう。こういうカバーをするのであれば、defspiralだろうって。誰でもいいっていうわけじゃないから、まずは6人全員が集まった場所で2マンをオファーしたところ、賛同してくれたという。

──そもそもメンバー同士の付き合いは古いんですか?

KOJI:michi.もdefspiralも姫路出身だから、地元の先輩後輩でもあるんですよ。オレはさっき話したようにALvinoで2マンしてから付き合いが深くなったんだけど、そもそもdefspiralのライヴを初めて観たのが2015年とか2016年のイベントで。メイク中に聴こえてきたバンドサウンドがすごくカッコよくて、メイク途中だったんだけど観に行ったら、それがdefspiralだったんです。

──La'cryma Christi時代にTRANSTIC NERVEやthe Underneathとの接点はなかったんですか?

KOJI:もちろん存在は知っていたけど、ライヴが一緒になったりすることはなかったと思うし、ギタリスト会みたいな飲みの場で知り合うこともなかった。でも、そのイベントライヴから純粋に彼らの音が好きになって、メンバーに興味が湧いて、今の関係性があるというか。タイミングを失って公表してないけど、ALICE IN MENSWEARのロゴデザインはMASATOだったりするしね。

──そういう関係性でもあるんですね。

KOJI:まだALICE IN MENSWEARのオリジナルナンバーが4曲くらいしかない段階でMASATOに聴いてもらって、そこからイメージを広げてデザインしてくれたのが今のロゴ。あとオレはMASATOのレコーディングのときに、よくギターを貸したりしてるんですよ、ストラトとかテレキャスとか。だから、ミュージシャンとしてもプライベートでも親しいんです。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報