【レポート】Que SakamotoのDJツアー日記「サウスアメリカ編・その4」

ツイート

みなさん、こんにちわ。<Huit Etoiles>のDJ/ProducerのQue Sakamotoです。今回はサウスアメリカのツアー第四弾です。

■初めてのロータリーミキサー
■メキシコシティーでのギグ“Regina”

前回の続き。モンテレイからメキシコシティーへフライトします。メキシコシティーでのギグはRegina。旧市街にあるレジーナというエリアにあり、ベニューは豪華なお洒落なホステル「Hostal Regina Down Town Mexico City 」内にあるレストランになってます。


空港からReginaに到着し、ブッキング担当やマネージャーに挨拶した後、ステイ先の部屋に案内してもらいました。贅沢過ぎるほど豪華で素晴らしい部屋を用意してもらって感激! テンション上がりまくりです。しかも、みんな素晴らしい対応をして下さり、素晴らしいディナーもご馳走になりました。


その後は早速会場へ。レストランだけど、お洒落なオープンテラスで、ウォームアップDJが、しっかりパーティの空気を温めてくれて、僕を迎えてくれました。お客さんもハッピーでとても暖かいバイブスだったので、ディスコ、ハウスを軸にフリースタイルでプレイ。ミキサーも初めてのロータリー型で、サウンドシステムも真空管アンプでかなり出音が素晴らしい……お客さんもフレンドリーだし、盛り上げてくれるし、気持ち良く楽しくプレイさせてもらいました。


プレイが終わると階段を上がるだけで部屋に戻れるので気が楽! このギグをセッティングしてくれたTulumのJimenoとIrenaに感謝です。あー、楽しかったー。ゆっくり部屋で就寝し、翌朝JimenoとIrenaがオススメしてくれたストリートタコス屋さんに寄り、タコス7個食べて、Tulumへフライトバックします。ってことで、

「Thank u Rejina,Jimeno,Irena」

今回はJimenoとIrenaの家にお世話になります。次のギグは木曜日にCasa Jaguar TulumにてJimenoとの2人会。それまでトゥルム満喫! トゥルムは自然が素晴らしく、ゆっくりした時間が過ごせて、かなりリセットできました。セノーテ(編注:中米ユカタン半島の低平な石灰岩地帯に見られる陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸、泉)、プール付きのジャングルの中にあるビラで泳いだり、ビーチ。自然に癒されて凄い幸せな時を過ごし、あっという間にトゥルムのラストギグCasa Jaguarとなりました。



Casa Jaguarのオーナーさんのバースデーも兼ねていたので、凄いたくさんのお客さんで前半からすごく盛り上がっていました。前半2時間をJimenoがハウス ディスコのハッピーバイブスなプレイをして、バトンタッチ。ダークサウンドがNGだったので、ディスコ〜ファンク〜ハウスをメインにプレイ。ジャングルパーティーがテーマだったので、ジャングルをイメージしてプレイ。会場もお客さんでパンパンだったので、かなり気持ち良くプレイさせてもらいました。で、ラストはB2Bをしてクローズ。トゥルムのトップクラスのベニューだけあり、これぞ、ジャングルパーティ!と感じることができた一夜となりました。ってことで、

「Thank U Casa Jaguar,Jimeno,Irena」

■お客さんは誰も立って踊らないが、
■座って飲みながらノリノリなCelestina

翌朝。メキシコシティーへフライトし、またまたZampaの家にお世話になります。寝不足で、かなり疲れていたので、ギグの時間まで寝て体力改善。

起きてプレイするベニューCelestinaへ。Celestinaはかなり今まで体験したことない雰囲気……お客さんは誰も立って踊らないが、座って飲みながらノリノリになっている! 前のDJは、ハウス〜ディスコを軸にダンスフルなDJSセットを披露。で、僕の出番がスタート。みんな座っているから、チルでムーディーなトラックをプレイしたら、オーナーさんが、もっと上げたセットにしてとアドバイスをくれました。


誰一人とも立って踊らないが、みんな座りながらノリノリになっている……ホントに不思議な感じ。気持ち良くお酒が飲めるような選曲は、逆にNGとのこと。気持ち入れ替えて、お客さんがノリノリになれるハウス〜ディスコ〜ファンクをプレイしました。オーナーさんも笑顔で良いぞ!とブースまで声をかけに来てくれました。終わってから良いフィードバックをくれたお客さんが何人もいた。本当不思議なギグでした。終わってZampaの家に戻り、就寝。ってことで、

「Thank U Celebrata」


翌日はSimona PissinaでValpyとの二人会。新しく出来たベニューで一軒家の一階がレストランで階段を上がるとフロアになっている。最初の2時間をValpyがプレイ。ラスト3時間を僕がプレイしてクローズしました。この時のセットはUKのポッドキャストVisceraにアップしているリンクはこちら。



ダークディスコ〜エレクトロニック〜スペーシーでトランシーなトラックからニューウェーブまでアッパーなセレクトでプレイ。ちなみにメキシコ在住の日本人の友達・翔太君達も遊びに来てくれました。翔太君達のサポートもあり、楽しくプレイ出来ました。ってことで、

「ありがとう翔太君。」

終わってから、YuyuでJimenoとJonがプレイしているので、顔出しに行って、IrenaやJonの彼女と踊り倒し、そこからMN Royへ行き、クローズまでがっつり遊んでからValpyの家に行き終了。かなり疲れたけど、凄い楽しい一夜でした。ってことで、

「Thank u Simona Pissina,Valpy」

翌日日曜日のお昼過ぎに起きて、Yuyu ClubのJonとJonの彼女とランチしてからJimenoとIrenaと合流し、パークに行ってのんびりと過ごして解散し、Zampaの家へ帰宅し、就寝。またその翌日はJonの家でお好み焼きを作ってあげました。かなり美味しそうに食べて喜んでくれた。良かったー! 喜んでくれると嬉しくて、テンション上がりますね。Jonとトラック交換をして帰宅。



そして翌日もMN RoyのRodrigoの家で寿司、鍋を作った。Calipso RecordsのThomass Jacksonと3人でランチ会。Rodrigoとジャパニーズスーパーマーケットに買い出しして、料理した。手巻き、握り、鍋を3人で食べた。2人とも喜んでくれて良かったー。日本人として、日本の手作り料理を作ってあげるのは、楽しいな。

夜はThomassがバンドで、Departamento でライブを行うとの事でライブを観に行った。かなりカッコ良くて来て良かったなー。ライブが終わってから、少しパンドメンバーと話してZampaの家に帰宅して就寝。

さて。いよいよラストギグのDepartamentoの日。VictorのルームメイトのRodrigo MoralesがVictorの家でアーティスト写真の撮影をしました。仕上がりも素晴らしかった。ありがとう。Rodrig Moralesと撮影を終えて、Rodrigo MoralesとDepartamentoへ。この日はOpen To Lastで5時間プレイ。暖かみのあるハッピーバイブスなディスコ〜ハウス〜ファンクなフリースタイルでプレイ。メキシコシティーで出会った友達達が遊びに来てくれて嬉しかった。終始、楽しくプレイ出来て思い出に残る一夜となりました。コロンビア・メデリンへフライトのため、終わってみんなに挨拶して、Zampaの家へ帰宅し就寝。ってことで、

「Thank U Zampa,Victor,Rodrigo Morales,Departamento Crew,Jimeno,Irena,Jon.Rodrigo,Thomass」

この記事をツイート

この記事の関連情報