井上陽水の魅力と才能を紐解く、イベント開催

ツイート

井上陽水がプロフェッショナルのミュージシャンとして活動するようになって、2019年で50年を迎える。アンドレ・カンドレでデビューしたのが1969年、そして1972年からは井上陽水である。

そんな陽水の音楽の魅力と秘密を徹底検証するべく、イベント<祝50周年 井上陽水 “Yosui Sound“マジック 徹底検証!>が開催となる。検証者は公私にわたって陽水と通じ合ったという川原伸司だ。レコード・プロデューサーとして活躍する川原は、平井夏美名義で沢田研二/松田聖子/岩崎宏美といったミュージシャンへ楽曲提供しているソングライターでもあるが、井上陽水の代表作「少年時代」を井上陽水&平井夏美の共作で制作し、1990年の『ハンサムボーイ』以降の作品全てにわたって、スーパーバイザーとして陽水サウンドに関わり続けている人物でもある。

当イベントでは、井上陽水の魅力と才能が川原独自の視点で語られる。

<祝50周年 井上陽水 “Yosui Sound“マジック 徹底検証!>

2019年7月5日(金)
@ROCK CAFE LOFT
ゲスト:川原 伸司(レコード・プロデューサー、作曲家)
ナビゲーター:Mike Koshitani
Open  18:00
Start 19:00
テーブルチャージ¥1500(+要ワンオーダー)
http://www.loft-prj.co.jp/rockcafe/
新宿区歌舞伎町1-28-5
TEL:03-6233-9606
予約:https://www.loft-prj.co.jp/schedule/rockcafe/118602
この記事をツイート

この記事の関連情報