【速レポ】<京都大作戦2019>The BONEZ、「最後までロックであり続けるんで、よろしく」

ツイート

本番前の音出しリハからすでに本番を思わせる盛り上がりのオーディエンス。それは温まるというレベルではなく、熱さが極まった感じ。13時10分、SEが響くと拍手と大歓声が改めてステージの主を迎えた。その主とはThe BONEZ。

◆The BONEZ 画像

ハンドマイクを持ったJESSEが「一緒に遊ぼうぜ、京都!」と言うや、まずはステージ下手側というか丘側を指さして「準備はいいか。3、2、1、BONEZ、BONEZ!」と煽りを喰らわせる。そして次は全体。すさまじい一体感のなか、「Adam & Eve」でThe BONEZのステージが始まった。



NAKAの刺激的なギターリフに、ZAXとT$UYO$HIの強靭でグルーヴするリズム。そこにJESSEがラップも絡めながら歌とメッセージを轟かせる。数々のライブやツアーを重ね、ミュージシャンとして己を鍛え上げてきたツワモノ4人衆がThe BONEZだ。一発ずつの音の凄みがハンパじゃない。彼らのエネルギーをもろに浴びながらオーディエンスも激しさを増すばかり。それを目にしてJESSEは早くも客席エリアへ飛び込んだ。オーディエンスの渦のなかに立ち上がったJESSEは、「今日はオマエらが主役だからな!」と叫ぶ。JESSEを取り囲むように肩車が幾つも生まれていった。

「生きてる人、どんだけいますか!」と言いながら始まったのは3曲目「LIFE」。<京都大作戦>でのJESSEといえば、暴動にも通じるライブ空間を作り上げる男としても知られている。しかしこの曲で彼が歌うのは優しさと勇気に満ちた言葉やメッセージ。それがどこまでも広がりながらオーディエンスを包み込んでいく。そして太陽が丘のみんなが叩くハンドクラップは、躍動感あるパーカッションとなって曲のなかに響く。さらに共に歌うコーラスは力強い生命力にもなっていった。


「去年、大作戦がなかったからこそ、今年は倍楽しいし、逆に雨が降っても問題ないヤツしか集まってないと思うし。雨が降ろうが、何が降ろうが、最後までロックであり続けるんで、よろしく。“いつか、いつか、あの丘を超えてやる”って約束して、ここまでやってきました。関東代表、The BONEZ、よろしくお願い致します、京都」

静かなイントロでそう語り掛けながら「Place of Fire」へと続く。曲が疾走すれば、それに合わせてクラウドサーフや肩車からのダイヴなども起こるが、The BONEZのライブはそうした激しさだけではない。「Thread & Needle」ではでっかいコーラスも生まれ、それはまさにJESSEの言う“オマエらが主役”というべきもの。The BONEZと共にライブする数万人で、太陽が丘の全てがひとつのでっかいステージのようになっていった。そして「SUNTOWN」の途中だった。JESSEが丘側を指さして言う。



「さっきさ、子供の声で、“JESSE!”って叫んでくれてたでしょ。嬉しかったよ」

子供を見つけたJESSEはさらに言葉を続ける。

「知ってる? この会場にいるお兄ちゃんとお姉ちゃんたちのなかには、小学校中学校高校のときイジメられたりハブられたりした人もいるんだよ。だけどみんな、ライブハウスで待ってるから。だから遊びに来いよ!」


太陽が丘全体から湧き上がる歓迎と歓喜が入り混じった熱い大歓声。The BONEZという愛情に溢れた男たちが鳴らすロックと、やはり愛情に満ちたオーディエンスが大きな感動を作った。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN

【The BONEZ セットリスト】

SE〜 -We are The BONEZ-
01. Adam & Eve
02. Louder
03. LIFE
04. Place of Fire
05. Thread & Needle
06. SUNTOWN

■<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->

6月29日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
6月30日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月06日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月07日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定

この記事をツイート

この記事の関連情報