【速レポ】<京都大作戦2019>ウルフルズ、 青空に広がる大合唱。10-FEETも「ガッツだぜ!!」

ツイート

SEが流れ、楽しそうに笑顔で飛び跳ねたりタオルを掲げるオーディエンスに迎えられて、大きく手を振って登場したのは<京都大作戦>初登場のウルフルズだ。

◆ウルフルズ 画像

歓声の余韻にカウントが重なって、彼らが一発目に選んだのは「ええねん」。再び歓声のボリュームが上がり、オーディエンスからの“ええねん!”コールが巻き起こり、トータス松本(Vo/G)の歌声が太陽が丘に響くと、源氏ノ舞台がパッとお祭りのようなムードになる。こんなに明るかったかと思えるくらい、太陽も顔を覗かせて熱気もぐんぐん上昇。



現在、ウルフルケイスケ(G)がバンド活動休止中で、トータス松本、ジョンB(B)、サンコンJr.(Dr)の3ピース編成で活動しているウルフルズ。この3人でのツアーなどの活動を経て、よりタイトなロックンロールへと再構築された曲はスピード感があり、“ええねん”コールを大きくさせていく。そしてそのアンサンブルの勢いを加速させて、「サマータイム・ブルース」をワイルドにぶちかます。途中、“車を買ったぜ 泳ぎに行こう”のくだりを“<京都大作戦>に遊びに行こう”と替えて歌うなど、トータスとジョンBで掛け合って夏を謳歌するようにめいっぱいはしゃぎ遊ぶと、オーディエンスの笑顔もさらに広がっていった。

3人になってそのサウンドがシャープになっても、トータスがギター&ボーカルという形になっても、エンターテイメント性のあるステージングは変わらない。ステージをのっしのっしと歩きながらギターの音を足音のように響かせ、音色でオーディエンスに話しかけるかのようにギターを奏でたと思うと、「イエーイ!」と叫び軽快に「ワルツ!」へと突入。スピード感に溢れた痛快な8ビートと、ザクザクと刻まれるギターに手拍子が大きくなって、源氏ノ舞台は一体感をましていった。



トータスはメンバー紹介をした後に、「もっと跳んだりはねたり、むちゃくちゃになるのかと思ったけど、さっき必死で速い曲やってみたけど、やり損だったね(笑)。バンドそれぞれの(盛り上がり方が)あるいうことやね。素晴らしいお客さんですね。気負ってしまった自分が恥ずかしいわ」と言って笑う。続く曲は、熱くソウルフルなウルフルズの本領発揮とも言える曲「リズムをとめるな」だ。今年2月に配信リリースされ、最新アルバム『ウ!!!』に収録されたこの曲は、グッとBPMは落としながらも、心にドクドクと燃料を注いで、じっくりと絶え間なく生きる力を燃やしていくような歌だ。3人のアンサンブルの熱とグルーヴに応えるように、オーディエンスは高く腕を突き上げて叫び、歓声を上げ続けた。


チューニングしながら「じゃあ、次はみんな知ってると思う」と呟いたトータスは、次の瞬間、大きく“イェーイ 君を好きでよかった”と歌う。歓声が波のように押し寄せて、すぐさまバンザイ!のシンガロングが起き、「バンザイ〜好きでよかった〜」へ。青空のもとでの大合唱は最高だ。

「今からひとり、呼び込んで一緒にやりたいんですが、いいですか。今日朝6時すぎに“今日よろしくお願いします”とLINEが入りました。早っ!と思って……まあ、気づいたのは12時くらいですけど(笑)」(トータス松本)と言って、最後の曲で呼び込まれたのは、LINEを送った張本人である10-FEETのTAKUMA。舞台袖から、「やったー! 嬉しい!」とガッツポーズで登場したTAKUMAは、大急ぎで探したというウルフルズ仕様の花柄模様のシャツとハット姿で決めている。



そして、トータスが弾いていたギターを笑顔で受け取ると、「弾き倒していいけど、壊すのはやめてね」(トータス松本)、「これ、ジミヘン・モデルですよね?」(TAKUMA)、「火はつけないで!」(トータス松本)、「じゃあ、心にだけ火をつけます」(TAKUMA)と楽しそうに話しながら、TAKUMAがギターで、トータスはハンドマイクとなって「ガッツだぜ!!」をプレイ。まさにこの<京都大作戦>でしかできないコラボレーションで、源氏ノ舞台をファンキーなビートで揺らしていった。途中、NAOKIとKOUICHIも舞台袖から飛び込んできて、ウルフルズ&10-FEET総勢6人、そしてオーディエンスで“ガッツだぜ”の大合唱をド派手に響かせる大団円となった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【ウルフルズ セットリスト】

01. ええねん
02. サマータイム・ブルース
03. ワルツ!
04. リズムをとめるな
05. バンザイ 〜好きでよかった〜
06. ガッツだぜ!!

■<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->

6月29日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
6月30日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月06日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月07日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定

この記事をツイート

この記事の関連情報