仏のマイケル・ジャクソン・ファン・クラブ、ドキュメンタリーでマイケルの性的虐待を告発した男性を訴える

ツイート

フランスにある3つのマイケル・ジャクソンのファン・クラブが、HBO制作のドキュメンタリー『Leaving Neverland(ネバーランドにさよならを)』で、子供のときマイケルから性的虐待を受けたと告発した男性2人、ウェイド・ロブソン氏とジェイムス・セーフチャック氏を訴えた。

◆マイケル・ジャクソン画像

Michael Jackson Community、MJ Street、On The Lineという3つのグループは、故人のイメージを傷つけたと、フランスで認められている死者に対する名誉毀損訴訟を起こしたという。同国のニュース専門チャンネル『France 24』によると、アメリカや英国にはこのような保護策はないそうだ。

3グループの弁護士は、木曜日(7月4日)開かれた公判で、「故人のイメージおよびマイケル・ジャクソンのファンたちのコミュニティーが損なわれた」と話した。ロブソン氏とセーフチャック氏は訴えを拒絶しており、法的代理人を送らず、この日の公判は10分で終了したという。

3グループは、それぞれ1ユーロ(約121円)の賠償金を求めている。次回の公判は10月9日に開かれる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報