【インタビュー】the GazettE、「ライブ三昧の人生を送っている自分は幸せだなと思います」

ツイート
PR

昨年9月に行った横浜アリーナ公演のBlu-ray&DVDの発売と、18周年ライブの開催を3月に予定しているthe GazettE。’20年のthe GazettEに対する期待の高まりを受けて、葵(G)とREITA(B)にライブ周りのことを語ってもらった。

   ◆   ◆   ◆

■DVDはthe GazettEのライブを
■リアルに味わえることにこだわった──REITA

──the GazettEが昨年9月に横浜アリーナで行ったライブを収録した Blu-ray&DVD『LIVE TOUR18-19 THE NINTH / FINAL 「第九」LIVE AT 09.23 YOKOHAMA ARENA』が3月4日にリリースされます。まずは、あの公演の感想などを、話していただけますか。

葵:横浜アリーナは本当にいいライブができたんじゃないかなと思います。始まる前にすごくいい感じの緊張感があって、いい状態でステージに立つことができたんですよ。それに、今になって思うと『DOGMA』まではサウンドの中でシーケンスが占める割合が結構大きくて、どちらかというとバンドのサウンドをそこに合わせていくスタイルだった印象があるんです。『NINTH』はその逆で、バンドの音に対してシーケンスを乗せていく、合わせていくという考えになっていた気がする。『NINTH』はバンドの塊みたいなものを押し出したアルバムだったし、ツアーもそういうものになって、それが今のthe GazettEにすごくフィットしたんですよね。だから、横浜アリーナのライブはすごく楽しめた。来てくれた人達にも楽しんでもらえたんじゃないかなと思います。

REITA:俺も、あの日のライブには納得できました。いつもはライブが終わって少し時間が経つと、もうちょっとできただろうと思うけど、今回はそれが最小限だったんです。ちゃんとツアーの成果が出せたことを感じますね。葵も言ったように、『DOGMA』の時は雰囲気を創るライブという感覚で、気持ち的に構えたところがあったんですよ。今回はもうちょっと自然体というか、シンプルに自分も楽しめるんじゃないかと思っていて、実際そういうライブになった。『DOGMA』を否定するわけじゃなくて、今回はバンド感を活かしたアプローチがいい方向に出たなと思います。


取材:村上孝之

<the GazettE 18TH ANNIVERSARY 「DAY/6576」>

2020年3月10日(火)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
チケット:指定席¥8,800(税込)
※3歳以上チケット必要
一般発売:2月15日(土)10:00 ※発売初日はお1人様4枚まで
チケット詳細ページ:https://www.diskgarage.com/ticket/detail/no083071

※2020年2月26日追記:3月10日(火)武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ公演は、日本政府から発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」に従い、開催中止となりました。詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

Blu-ray&DVD『LIVE TOUR18-19 THE NINTH / FINAL 「第九」LIVE AT 09.23 YOKOHAMA ARENA』

2020年3月4日(水)発売
【初回生産限定盤A】(Blu-ray Disc+Photo Book)
SRXL-229/¥13,250(税込)

【初回生産限定盤B】(2DVD+Photo Book)
SRBL-1886~7/¥12,250(税込)

【通常盤A】(Blu-ray)
SRXL-230/¥7,400(税込)

【通常盤B】(DVD)
SRBL-1888~9/¥6,400(税込)

DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報