【ライブレポート】GLIM SPANKY、全国ツアー“打ち上げ”公演で新曲初披露

ツイート

GLIM SPANKYが7月7日、東京・新木場STUDIO COASTにて全国ツアーの追加公演<LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 “EXTRA SHOW”>を開催した。

◆ライブ画像(全8枚)

本人達曰く、全国ツアーの“打ち上げ”だという本公演。2人が「4 Dimensional Desert」にのって登場すると、打ち上げ時の乾杯をするかのような観客の大歓声が場内に響きわたる。ツアーを振り返るように「Looking For The Magic」からライブがスタートし、「焦燥」「TV Show」「END ROLL」とGLIM SPANKYの代名詞ともいえるヘビーなロックでテンポの良い曲を披露。そして立て続けに「怒りをくれよ」をパフォーマンスし、冒頭から松尾レミの歌声と、亀本寛貴が奏でるギターソロで会場を大いに沸かせた。

本公演では、ステージバックに各楽曲の世界観に合わせた映像を投影する演出が盛り込まれ、「ダミーロックとブルース」「FLOWER SONG」「ハートが冷める前に」「The Flowers」「いざメキシコへ」ではサイケデリックな世界へとトリップ。


終盤の「大人になったら」では場内をしんみりとひたらせるような空気で包み込み、最後に「ワイルド・サイドを行け」を披露し、GLIM SPANKYらしい熱いメッセージを掲げて本編を締めくくった。

アンコールではストリングスを招き入れ、バックステージに丸い月の映像を投影して「お月様の歌」をしっとりと聴かせ、続いて、公演当日に配信リリースしたばかりの新曲「Tiny Bird」を初披露。


新曲「Tiny Bird」に対して、松尾レミは「去年実家に帰った時に、アコースティックギターで曲を作ろうと思い弾いたメロディで、最初は歌詞が無くギターのメロディとコードで作り、これはいい曲になると感じて、あたためておいた曲です。やっと、みなさんに聴かせることができて、とても嬉しいです」、亀本寛貴は「今年は様々な方に楽曲提供したりしていて、今年になってGLIM SPANKYとして初めて作った新曲で、とても満足度の高いものとなりました。昨年のアルバム発売より半年が経って、今の自分たちのモードが反映された曲になったと思います」とそれぞれコメント。締めくくりに「アイスタンドアローン」をストリングスと共に特別バージョンで披露し、この日の公演は幕を閉じた。



なおGLIM SPANKYは、10月と11月に東京・大阪・愛知で4公演の自主企画イベント<Velvet Theater 2019>を開催。FC会員を対象とした、チケットの先行販売は本日7月8日正午よりスタートしている。

撮影◎上飯坂一

■セットリスト

1. Looking For The Magic
2.焦燥
3.TV Show
4.END ROLL
5.怒りをくれよ
6.ダミーロックとブルース
7.FLOWER SONG
8.ハートが冷める前に
9.The Flowers
10.いざメキシコへ
11.白昼夢
12.美しい棘
13.サンライズジャーニー
14.THE WALL
15.NEXT ONE
16.褒めろよ
17.大人になったら
18.ワイルド・サイドを行け

(アンコール)
1.お月様の歌
2.Tiny Bird  ※新曲
3.アイスタンドアローン

<Velvet Theater 2019>

2019年
10月19日(土)愛知・名古屋DIAMOND HALL
10月26日(土)大阪・味園ユニバース
11月28日(木)東京・キネマ倶楽部
11月29日(金)東京・キネマ倶楽部

この記事をツイート

この記事の関連情報