【インタビュー】doa、デビュー15周年を語る_前編「転機は“3人全員がリードボーカル”」

ツイート

メジャーデビュー15周年を迎えるdoaが、夏、秋、冬の3期に分けて三部作となるベストアルバムをリリースする。当初、オフィシャルサイトにて『doa 15th Anniversary BEST SONGS リクエスト投票』を実施。予想をはるかに上回る投票数と音楽的に多岐にわたる上位楽曲の結果を受けて決定したものだ。リクエスト上位曲から『ROCK』『MIDDLE』『BALLAD』をメンバー自身が選曲し、『doa Best Selection』は全3作、収録曲はそれぞれ19曲という大ボリュームでリリースされる。

◆「WINDOW」ミュージックビデオ 動画

BARKSでは、doaの15年間を紐解くヒストリーを前編と後編の二部構成でお届けすることをはじめ、メンバー個々の背景に迫る単独インタビューを実行。全5本のインタビューから、“3ボーカル”という道なき道を歩んできた彼らの軌跡を辿り、彼らの向かう先の光をみつめる特集をお届けしたい。その第一弾は、2004年の結成から2011年までの前期を振り返りつつ、ターニングポイントを明かす。また、本日7月10日にリリースとなった『doa Best Selection “ROCK COAST”』収録新曲「WINDOW」についても深く話を訊いた。

   ◆   ◆   ◆

■すごい人数の“Hey!”素材が集まった
■それを元に作った新曲が「WINDOW」

──doaのデビュー15周年を記念したベストアルバムが、全3枚というボリュームでリリースされます。

徳永:実は僕、ベストというのはあまり好きじゃないんですよね。自分達発信で“これがベストだぜ!”ということに違和感があるし、そもそも全ての曲についてベストだと思って作っているから。だけど、ファンの皆さんや僕らのスタッフが「せっかくの15周年だから」とおっしゃってくれるので、「集大成的な作品をお祭り的に出せたらいいね」ということを3人で話していたんです。ただ、ベストを作るにしてもシングル曲を集めたようなものは、今回は違うだろうという話になって。

──実際、デビュー10周年のときにリリースした初ベストアルバム『"open_door" 2004-2014』はシングル曲を網羅したものでしたし。

徳永:そう。だったら、“doaファンの方々はどの曲が好きなんだろう?”と思って、人気投票を募り、上位曲をセレクトした作品を出そうということになったんです。ところが、蓋を開けてみたら予想を遥かに超える応募数がありまして、集計してみたら曲調も多岐にわたっていたんですよ。だったら、3人編成の僕らは“3”という数字に縁があるし、3枚出したらいいんじゃないかということになって。アップテンポな『ROCK』を夏、『MIDDLE』を秋、『BALLAD』を冬と、順番にリリースしようということになりました。

大田:最初は「2枚組がいいんじゃないか」という話もあったんですけど、バラードとロックに分けると、doaはミドルテンポの曲がすごく多いから、収まりが良くなくて3つに。先ほどおっしゃられたように、10周年の時にもベストアルバムを出しているので、それと似ないようにしたいというのもあったし。当初はそれぞれ、10~12曲収録にしようと言っていたけど、集計結果を見て、これも入れたい、あれも入れたいとなり、結局19曲ずつ(笑)。さらに新曲も収録されているので、15周年にふさわしい作品になったかなと思います。

吉本:ここまで大ボリュームは初の試みだから楽しみですけど、3枚出すというのは今のところ、まだ予定ですよ(笑)。『MIDDLE』と『BALLAD』に収録する新曲は今のところ録っていないので、今後の制作が順調にいくことを祈っています(笑)。

──そこは順調にいっていただかないと困ります(笑)。それにしても話を聞いて思いましたが、doaファンの方は熱いですね。

吉本:僕らも感じました。投票するために、doaの音源を改めて聴き返してくれたと思うんですよ。そうじゃないと、ここまでいろんな曲は入ってこなかったはず。ほとんどライブでやってない曲も入ってましたからね。

──ベスト三部作は、ファンの皆さんへの大きなプレゼントといえますね。先ほど話が出ましたが、ベストアルバムには新曲が収録されることも発表されています。7月10日にリリースされる第一弾『doa Best Selection “ROCK COAST”』には「WINDOW」が収録されますね。

徳永:今年の始めくらいにアコースティックツアーをしたんですけど、その時に「ファンの皆さんの声を入れた曲を作りたいね」という話になったんです。たしか吉本君発案じゃなかったっけ?

吉本:そうでしたっけ? よく覚えていないです(笑)。

徳永:ははは。そういう話が出て、ツアー全公演でお客さんに、曲もなにもない状態だったんですけど、“パンッ・パッパッ・パン「Hey!」”みたいに言ってもらったものを録っておいたんです。いろいろな会場で録ったから当然音も違うし、すごい人数の「Hey!」素材が集まった。それを元に作った新曲が「WINDOW」です。最初はベスト用ではなくて、新曲作りの一環だったんですけど、みんなで合わせた声が、我々おとな世代の応援歌みたいな感じがして。夏のパワー的なイメージが湧いてきたので、ベストアルバム第一弾となる『doa Best Selection “ROCK COAST”』に収録することにしました。

──合唱をフィーチュアした曲というとパワフルなロックチューンをイメージしがちですが、「WINDOW」は爽やかで、少し哀愁も香るというdoaらしい曲です。

徳永:そうなんですよ。「Hey!」とは言っているものの、“みんなで力を合わせよう”みたいなことは全然歌ってなくて、描いたのは1人で黙々と仕事をがんばっている姿。その主人公の心の叫びを「Hey!」で表している感じです。

大田:最初に聴いた時は南米を感じましたね。徳永君が歌詞を書いているので熱いんですよ(笑)。LINEで歌詞の内容説明が送られてくるんですけど、“サラリーマンだって、会議室で戦っているじゃないですか”みたいなことが書いてあって、“どうしたんだろう? その熱さ、すごいな”みたいな(笑)。レコーディングの時も「1人4本ずつコーラスを録るか」とか言うんですよ。壁みたいな分厚いコーラスにしたいんだと。そんな感じもあって「WINDOW」はとにかく“熱い”という印象(笑)。でも、楽曲自体はおっしゃるとおり、爽やか。

吉本:僕も大田さんと同じですね。メキシカンハットとサボテンが思い浮かびました。

徳永&大田:それ中米じゃん(笑)。

吉本:いや、中南米です(笑)。一時期、僕はスペインに住んでいたこともあって、ラテン系音楽のノリは大好きなんですよ。だから、「WINDOW」のラテンっぽいテンポ感はすごくいいと思ったし、着地点はdoaらしいウエストコーストだから、ラテンが香るウエストコーストロックというのは面白いですよね。

徳永:ラテンとウエストコーストといえば、イーグルスの代表曲「ホテル・カリフォルニア」はスパニッシュとかラテンの要素が入っていますよね。レゲエっぽさも含んでいるし。そういうハイブリッドな曲を「WINDOW」でやってみたいと思った、ということもありました。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報