ブルース・スプリングスティーン、UK新作映画のサウンドトラックに未発表曲収録

ツイート

ブルース・スプリングスティーンの音楽により人生が変わったというUKのジャーナリストSarfraz Manzoor氏の回顧録『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』をもとに制作された映画『Blinded By The Light』では、スプリングスティーンの音楽をふんだんに使用しているが、サウンドトラックには「I’ll Stand By You」という彼の未発表曲も収録されているそうだ。

◆『Blinded By The Light』関連動画、画像

この曲(オリジナルのタイトルは「I'll Stand By You Always」)は、スプリングスティーンが映画『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年公開)のために作ったが、原作者J.K.ローリングの商業的な音楽は使用しないという意向により発表されず、2017年にリークされるまで知られていなかった。

映画では、3歳のときパキスタンから英国へ移住したManzoor氏のティーンエイジャー時代(1980年代)を描き、スプリングスティーン、ペット・ショップ・ボーイズ、a-haらの音楽が使用されている。スプリングスティーンの曲は「Blinded By The Light」「Dancing In The Dark」「Born To Run」「Badlands」ほか、1975年ロサンゼルスRoxyでの公演で録音された「Thunder Road」、1979年に開催された<No Nukes>コンサートで披露された「The River」などライブ・トラック3曲も収録される。

8月9日にリリースされる『Blinded by the Light』のサウンドトラックのトラッキングリストは以下の通り。

1. 「Ode to Javed/Javed's Poem」 A.R.ラフマーン
2. 「It's a Sin」 ペット・ショップ・ボーイズ
3. 「The Sun Always Shines on T.V.」  a-ha
4. 「The Boss of Us All」(ダイアローグ)
5. 「Dancing in the Dark」 ブルース・スプリングスティーン
6. 「You Should Be Listening to Our Music」(ダイアローグ)
7. 「I Never Knew Music Could Be Like This」(ダイアローグ)
8. 「The River」 ブルース・スプリングスティーン(ライブ)
9. 「Number One Paki Film」(ダイアローグ)
10. 「Badlands」 ブルース・スプリングスティーン
11. 「Cover Me」 ブルース・スプリングスティーン
12. 「Thunder Road」 ブルース・スプリングスティーン(ライヴ)
13. 「Get Outta My Way Fascist Pigs」 Amer Chadha-Patel
14. 「Do It For Me」(ダイアローグ)
15. 「Prove It All Night」 ブルース・スプリングスティーン
16. 「Hungry Heart」 ブルース・スプリングスティーン
17. 「You, Me…and Bruce」(ダイアローグ)
18. 「Because the Night」 ブルース・スプリングスティーン
19. 「Maar Chadapa」 Heera
20. 「The Promised Land」 ブルース・スプリングスティーン(ライブ)
21. 「Blinded by the Light」 ブルース・スプリングスティーン
22. 「Born to Run」 ブルース・スプリングスティーン
23. 「I'll Stand By You」 ブルース・スプリングスティーン
24. 「For You My Love」 A.R.ラフマーン(映画のための新曲)





『Blinded By The Light』は、『ベッカムに恋して』(2002年)、『英国総督 最後の家』(2017年)などを手掛けてきたグリンダ・チャーダが監督。8月9日からUKで劇場公開される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報