【対談】暁 [アルルカン] ×有村竜太朗 [Plastic Tree]、「幽霊から返事の手紙をもらった感じ」

ツイート

アルルカンが7月29日、TSUTAYA O-EASTにて自身主催2マンライヴ<Letter from a ghost>を開催する。同公演はPlastic Treeを招いてガチンコ対バン形式で行われるものであり、アルルカン側からのオファーによって実現されるものだ。BARKSではその前哨戦として、アルルカンの暁、Plastic Treeの有村竜太朗といった両ヴォーカリストを迎えて対談を行った。

◆暁(アルルカン) × 有村竜太朗(Plastic Tree) 画像

「Plastic Treeは僕の中で特別な存在」とはトークセッション中の暁の弁だ。少年時代の暁の胸に残したPlastic Treeの記憶は決して小さいものではなかったという。対談では両者の馴れ初めについて語ってもらいつつ、暁の葛藤を竜太朗が解決していく“お悩み相談室”を開設。ヴォーカリストならではのストレスや、ミュージシャンとしてのスタンスなど、じっくりと行われたカウンセリングに両者の本質が浮かび上がるトークセッションとなった。

   ◆   ◆   ◆

■観ながら体中の毛がすごく……
■ブワーッてなったのを覚えてます

暁:よろしくお願いします!

有村:お願いします。

──今日は暁くんのお悩み相談室みたいな感じで(笑)。

暁:え、悩み聞いてもらっていいんですか?

有村:えーっと、俺に相談してもしょうがないと思うけど(笑)。

▲暁 [アルルカン]

──そもそもちゃんと話をする機会はこれが初めてと聞きましたが。

有村:前にちょっと話したことはあるっていう程度で。その時期にお互いツイッターもフォローしあったんだけど、他で会う機会があんまりなくて。ギターの奈緒くんに何回か会ったけど。

──彼はいろんな先輩に食い込んでますね(笑)。

暁:今回も奈緒からお声がけさせていただいたんですよ。一緒にお願いできませんか?って。

有村:嬉しかったですよ。僕らもタイミングさえ合えばいろんなバンドと対バンしたいので。

──とはいえ意外な組み合わせで。

暁:ありがたいです。僕らもダメ元でお願いしてみようっていう感じだったんで。

──そもそも最近のPlastic Treeはあんまりイベントには出てない印象があるし。

有村:そうですか? でも誘ってもらって嬉しいですよ。最近はタイミングとかハマらなくて出れないこともあるけど、こないだもR指定のイベントに呼んでもらったし。

──暁くんもバンドマンの友達とか先輩との繋がりって多くないですよね?

暁:はい。でもPlastic Treeは僕の中で特別な存在で。実は僕、初めてちゃんとしたライヴを観に行ったのがPlastic TreeのなんばHatch公演だったんです。

有村:えー! マジっすか。

──それはいつの話?

暁:高校生の時に友達に誘われて観に行ったんですけど、まだその頃はバンドもやってなかったし、音楽もほとんど聴いてなかったんで、何もわかんないまま行ったんですけど。

有村:嬉しいですね。じゃあそれをきっかけにいろんなライヴを観に行ったとか?

暁:いや、「すごかったー!」と言って、あき少年は高校生活に戻って行きました(笑)。なのでそれっきりで……僕、自分でバンドやろうってなるまでアーティストのライヴに行ったことがなくて、唯一観たのがPlastic Treeだったんです。で、観ながら体中の毛がすごく……ブワーッてなったのを覚えてます。

▲アルルカン

──じゃあ暁くんにとってPlastic Treeは特別な存在だと。

暁:そうですそうです。だから今、こうやってお話しさせてもらってるのが……変な感じです(笑)。

有村:はははははは。

──竜ちゃんがアルルカンのことを知ったのは?

有村:名前はずいぶん前から知ってたけど、“すごいバンドだな”って思ったのは、テレビでアルルカンのライヴ映像が流れてて、すごい見入っちゃったんですよ。お客さんとの一体感がすごくて、いいバンドだなと思った。

──でも音楽的な接点はあまりないですよね?

有村:そうだけど、そこはあんまり関係ないっていうか。ウチらもいろんなジャンルのバンドと対バンするし、そもそも音楽もいろんなのを聴くし。だから奈緒からお願いされた時、一緒にやってみたいなって。ところでアルルカンは結成して何年目?

暁:えっと……6年目?

有村:そっか、まだ6年なんだ。

暁:DEZERTとかがだいたい同期ですね。対バンもしたりしてるんですけど、僕らももっと高い壁に挑戦したいっていう気持ちがあって。

──Plastic Treeのメンバーに対するイメージってありますか?

暁:全然わかんないです。掴めないっていうか……連絡先もらっても、こっちから連絡していいのかどうか……。

有村:いつでも待ってますけどね(笑)。

一同:はははははは。

◆対談【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報