THE BOHEMIANS、平田ぱんだのコラム『ロックンロールの話』が単行本化。カバーライブも開催

ツイート


THE BOHEMIANSのボーカルである平田ぱんだが、初の単行本『ロックンロールの話』を10月1日(火)に発表することが発表された。

この単行本は、平田ぱんだがロックンロールのレコードを紹介するコラム『ロックンロールの話』をまとめたもので、ウェブマガジンRock isにて2016年10月より月に一回の頻度で連載している。リトル・リチャード、ザ・ビートルズ、RCサクセションなどをテーマに綴った40回を超えるストーリーのなかから、今回の単行本には、まずは本人セレクトによる14編に加え特別企画も収録される予定だ。詳細は後日発表される。

また、本作の発売を記念して、9月25日(水)に東京・高円寺のライブハウスKOENJI HIGHにてスペシャル・ライブを行うことも発表された。THE BOHEMIANSがさまざまなロックンロール・バンドのナンバーを披露する一夜限りのカバーナイトになるという。会場では平田ぱんだのサイン入り『ロックンロールの話』の先行発売も実施。チケットは、7月13日(土)10時より発売開始。なお、ライブと同日にTHE BOHEMIANSは、自身のオリジナル・ニューアルバム『the popman’s review』をリリースする。

■平田ぱんだ 単行本『ロックンロールの話』

発売日:2019年10月1日(火)
※詳細後日発表

■Rock is LIVE 6/THE BOHEMIANS“ロックンロールのライブ”SPECIAL

2019年9月25日(水) KOENJI HIGH
時間:OPEN 19:00/START 19:30
チケット:前売り 2,500円/当日 3,000円(税込・ドリンク代別途600円)

単行本やイベントについての続報はこちらまで:https://rock-is.tv/live6

■THE BOHEMIANS アルバム『the popman’s review』

2019年9月25日(水)リリース
QECD-10011(BUMP-087)DELICIOUS LABEL
全11曲収録予定

この記事をツイート

この記事の関連情報