<JOIN ALIVE 2019>、当て振りカラオケもスタート

ツイート

様々なステージから音が放たれ、ついに開幕となった<JOIN ALIVE 2019>だが、BARKSが設置したLIVE DAM STADIUMプレゼンツ「カラオケステージ」でも、誰でも参加可能な当て振りカラオケステージが開催されている。

11:30からスタートとなった第一回目の「当て振りカラオケステージ」カラオケ大会でトップバッターを切ったのは、たいちくんとおかあさん。ふたりできれいにきっちりユニゾンで歌いきったのは、フラワーカンパニーズの「深夜高速」だ。お母さんが大好きで、たいちくんも好きになちゃったのがフラカンなのねわかります。


その後も、SiMのTシャツを着ながらあいみょん「マリーゴールド」を歌ううたくん、BARKSスタッフで「偽善者撲滅バンド」なるバックバンドをその場で結成し、浅井健一の「原爆とミルクシェイク」を熱く歌った佐々木さん、高い歌唱力でスタッフも唸らせた大橋純子「たそがれマイ・ラブ」を歌い上げたゆうこさん、THE BAWDIES「IT'S TOO LATE」をシャウトと熱唱で会場を震わせたよっしーさんなど、時間内に8名が熱いパフォーマンスを見せてくれた。





ステージ前では、引き続きJOIN ALIVEとのスペシャルコラボタトゥーステッカーやLIVE DAMのスマホクリーナー、北海道のじゃがいもを使ったおせん「ほがじゃ」が無料配布されている。

「当て振りカラオケステージ」第二回目は、15:30からのスタートで、受付は14:00から開始の予定だ。


この記事をツイート

この記事の関連情報