関ジャニ∞、デビュー15周年祝う5大ドームツアー<十五祭>開幕

ツイート
▲札幌ドーム場外に並べられたGR8EST BOY(前列左から横山裕・丸山隆平・大倉忠義・錦戸亮・安田章大・村上信五。後方中央はGR8EST BABY

関ジャニ∞による全国5大ドームツアー<十五祭>(じゅうごさい)が7月14日、北海道・札幌ドーム公演からスタートした。

7年連続・8度目となる今回の全国5大ドームツアーでは5都市・12公演で計55万人を動員。デビュー前の2002年からの通算動員数は、9月3日のツアー最終公演をもって1000万人を超える。

今年2019年でデビュー15周年を迎えた関ジャニ∞。デビュー前の2002年に行なわれたイベントでは、1000人のキャパシティの会場・大阪松竹座がガラガラの状態でのステージも経験している。そんな彼らを15年以上に渡って支えてくれた、のべ1000万人の“エイター(関ジャニ∞の総称)”に向け、関ジャニ∞史上最高で最強のエンターテインメントを届けるツアーが始まった。

今回のツアーはエイターに対する15年分の感謝を込め、これまで関ジャニ∞が魅せてきたダンス・バンド・歌謡曲からバラエティまで、様々な彼らの姿と曲が楽しめる内容になっている。同時に会場の外では、メンバーの名前入りの幟(のぼり)や、巨大な「GR8EST BOY」(メンバーをキャラクター化した人形)が来場者を出迎え、ライブが始まる前からエイターを楽しませる趣向が数多く凝らされている。

さらにライブ当日だけでなく普段から関ジャニ∞を楽しんでもらえるよう、全シングル・アルバムがスマホで楽しめる「関ジャニ∞アプリ」対応となり、常に関ジャニ∞とファンが一緒にいられるようになった。

こういった関ジャニ∞の「ファンへの感謝と、楽しませたいという気持ち」に、多くのファンも応えた。7月11日付・12日付のオリコンデイリーランキングでは、TOP100の中にシングル37タイトル、アルバム11タイトルの、計48タイトルが一気にランクイン。一緒に今回のツアーを盛り上げようという気持ちが形となり、ランキングを席巻するという事態になったようだ。

まさにメンバーとファンで作る“祭”のように盛り上がってきた今回の全国5大ドームツアー<十五祭>。14日のツアー初日となる札幌公演で「皆さんのおかげでココまで走ってくる事ができました! 本当にありがとうございます!」とファンに感謝を述べた関ジャニ∞のエンターテインメントと、それについて行き一緒に楽しむエイターとの暑い夏は始まったばかりだ。

関ジャニ∞全国5大ドームツアー<十五祭>

2019年
7月14日(日)北海道・札幌ドーム
7月19日(金)~21日(日)愛知・ナゴヤドーム
7月27日(土)~29日(月)大阪・京セラドーム大阪
8月3日(土)・4日(日)福岡・福岡ヤフオク!ドーム
9月1日(日)~3日(火)東京・東京ドーム
この記事をツイート

この記事の関連情報