ポール・マッカートニー、リンゴ・スター&ジョー・ウォルシュと共演

ツイート

ポール・マッカートニーが土曜日(7月13日)、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで開いた<Freshen Up>北米ツアー最終日で、リンゴ・スター、イーグルスのジョー・ウォルシュと共演した。

◆公演の様子

アンコールで、まずはリンゴが登場。ザ・ビートルズの「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」と「Helter Skelter」をパフォーマンス。そして、この夜最後の曲となった「The End」で、リンゴの義弟でもあるウォルシュが参加した(これにはリンゴは参加していない)。

ステージに上がったリンゴは「みんな、ピース&ラブ」と、ポールは彼に向け「愛しているよ」と声をかけたという。

ポールは公演後、その写真をTwitterに投稿し、リンゴとの2ショットには「僕のピース&ラブ・ブラザーとプレイする喜び!」と、ウォルシュとの2ショットには「ビーグルスだ!」とコメントしている。




リンゴは「昨日は素晴らしい夜だった。愛してるよ。ピース&ラブ」と、ウォルシュは「夢が実現。ポール、ありがとう!」とつぶやいた。



<Freshen Up>北米ツアー第2弾は5月23日にスタートし、この日までに15都市で16公演を開催した。ツアー全体では2018年9月から世界11ヶ国で39公演が開かれている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報