【イベントレポ&インタビュー】城之内早苗、心に響く「恋待ち夜雨」を歌いファンを魅了したカラオケパーティー

ツイート

城之内早苗が、2019年7月14日(日)東京八重洲の「HIT STUDIO TOKYO」にて、<城之内早苗カラオケパーティー>を開催し、集まった参加者たちと共にカラオケやじゃんけん大会で大いに盛り上がった。

このイベントは、全国のカラオケDAM設置店で城之内早苗の最新シングル曲「恋待ち夜雨」を歌い、抽選で選ばれた50組100名を招待して行われたもので、2018年11月にも同所で行われたカラオケパーティーの第2弾となる。あいにくの雨の中、大勢のファンが会場に集まった。


司会者に「1986年、おニャン子クラブから鮮烈なデビューを飾りました!」と呼びこまれてステージに登場した城之内は、盛大な拍手と声援に迎えられ、デビュー曲「あじさい橋」を披露。白と青の爽やかな着物で身振り手振りを交えて歌唱すると、待ちわびた参加者たちはうっとりと聴き入っている様子。歌い終わると「早苗ちゃ~ん!」と声援が飛んだ。


「みなさま、ようこそお越しいただきました。お足元の悪い中、遠くから大変だろうなと。私、晴れ女のつもりなんですけど(笑)、時期が悪いんでしょうね。この時間、この空間だけは楽しくやっていこうと思います」

と、雨が降る中集まった参加者たちにユーモアを交えたコメントで気遣った。

昔は、テレビ番組などに出演する際に、スタッフから「とにかく何でもいいから喋ってくれ」と言われていたという城之内。「30年も経つと、スタッフから“時間がないから喋らないで。飛行機に間に合わなくなるから”と言われております(笑)」とベテランならではのトークで笑わせた。


トークの後は、前回のカラオケパーティーで歌われた「よりそい蛍」の歌唱へ。客席を見ながら、お客さんに語り掛けるように歌い上げた。続いて、今回のシングルのカップリング曲「夕暮れ迷子」を披露。エキゾチックなイントロが流れ出すと、お客さんから花束を贈呈されるシーンも。“ほおづき噛んだら 心が寒い”という歌詞があり、花束にもほおづきが入れられていたようだ。リズミカルな曲ということもあり、客席は手拍子で盛り上げる。さらにお客さんから紫色の手提げバッグをプレゼントされるなど、ファンとの距離の近さを感じさせた。


この日は「恋待ち夜雨」を作曲した聖川湧(ひじりかわゆう)氏も訪れており、城之内に紹介されて登壇した。「聖川先生、ありがとうございます。私緊張しちゃう」と城之内。今回「恋待ち夜雨」で初めて聖川氏に作曲してもらったそうだ。「先生は、香西かおりさん等のヒット曲がたくさんある方で、お会いしたことがなかったけど、怖いんだろうなあって思っていたんです。でも話をしたらとても柔らかくて」とその人となりを紹介した。もともとモダンジャズが好きだったという聖川氏は、どうしたら多くの人に聴いてもらえるかを考えた「軽演歌」を標榜しており、「恋待ち夜雨」も軽やかに聴こえるように作られているという。


中盤では、前回に引き続き城之内が採点カラオケにチャレンジすることに。得点を出すために本来とはちょっと違う歌い方をするということで、その場で聖川氏に承認を得ると、早速チャレンジ開始。カラオケ映像を見ながら集中して「恋待ち夜雨」を1コーラス歌い上げるものの、得点は「85.468点」という厳しいものに。思わず「えぇ~!」とショックを受けた様子の城之内。客席からは「3番まで歌っていないから!」という励ましの声が。「優しい!でも大丈夫、大人だから(笑)」と気を取り直した様子だった。


続いてはじゃんけん大会へ。「「恋待ち夜雨」特製メモ帳」「「恋待ち夜雨」サイン入りポスター」「DAM★ともサイン入り手ぬぐい」がそれぞれ5名に、「DAM商品券」が2名にプレゼントされた。そして、ステージに上がり「恋待ち夜雨」を1コーラス歌唱できる権利(DAM商品券付)が3名に与えられるということで、じゃんけんで争われた。


見事権利を獲得したのは、女性2人と男性1人。城之内の「松山しぐれ」と「奥飛騨★星の宿」で、DAMともボーカル1位になっているという女性の実力者も。女性、女性、男性の順に「恋待ち夜雨」を1コーラスずつ、それぞれ城之内のファンぶりがよくわかる思い入れたっぷりな歌唱を聴かせて、客席からは温かい拍手が贈られた。城之内は「みなさん、丁寧で可憐な歌い方をしてくださいました。そういうのも「恋待ち夜雨」ならではだと思います。すごく刺激になりました!」とコメントした。また、「いつでも純粋に歌える歌手でいたいなと思いました。そして、負けない!と思いました(笑)」と、負けず嫌いなところを垣間見せた。


そんな城之内が先ほど出した得点(85点)に、この日会場で商品を購入した方の中から1名がカラオケで挑戦できることに。城之内の点数を越えると、城之内がコメントを吹き込んだ目覚まし時計もプレゼントされるというスペシャルな企画となった。再びじゃんけんが行われ、埼玉県からお越しの男性が挑戦することに。甘い歌声で見事に歌い上げると、意外にも得点は「82.330点」。「私、絶対負けたと思った!お上手でしたよ」と、城之内。敗れたものの、ここは大サービスで男性の名前をもじって目覚ましメッセージを吹き込むことに。「トシちゃん、起きて」「トシちゃ~ん、起きて!」「トシヒコ、起きろ!」と3パターンを録音した貴重な目覚まし時計がプレゼントされた。


イベントも終わりに近づき、城之内と参加者全員で記念撮影を行うと、最後は、改めて城之内が「恋待ち夜雨」をフルコーラスで歌い上げた。至近距離で情感を込めて歌われる王道の「メジャー演歌」に、参加者たちは陶酔した表情で聴き入っていた。


最後は、城之内が客席に向かい、「今日は、歌好きな方が多くて、私も良い緊張感を持って歌えました。これからもどうかよろしくおねがいします。今日はありがとうございました!」と挨拶して、ステージを締めくくった。その後はCD、カセットテープの購入者イベントが行われ、参加者と和気あいあいとした交流を行い、第2回城之内早苗カラオケパーティーは終了となった。

◆インタビューへ
この記事をツイート

この記事の関連情報