ギヴン、原作者プロデュースでメジャーデビュー。ボーカルは矢野奨吾

ツイート

フジテレビ「ノイタミナ」枠で放送中のテレビアニメ『ギヴン』に登場するアーティスト・ギヴンが、同アニメのエンディングテーマ曲「まるつけ」でメジャーデビューする。

◆アニメキービジュアル/「まるつけ」配信ジャケット

原作者・キヅナツキのプロデュースのもとデビューするギヴン。ボーカルは佐藤真冬役の声優・矢野奨吾が務め、サウンドプロデュースは同アニメのオープニングテーマ「キヅアト」を手掛けている、温詞によるソロプロジェクト・センチミリメンタルが担当する。センチミリメンタルは「まるつけ」の作詞・作曲・編曲も行なっているという。また、キヅナツキ描きおろしのアーティスト写真も公開された。

「まるつけ」についてキヅナツキは「純粋に、だいすきな曲。会議の時、初めて聞いた時から耳に残ってしばらく口ずさんでた。サビ前のブレイクでぎゅーってなる。」とコメント。

センチミリメンタルの温詞は「生きていくなかで、僕らは数え切れないほどの選択をします。でもその選択が果たして正しいのかどうかの解答はどこにもなく、いつだって暗闇の中を手探りで進んでいくような日々です。だからこそ、同じペンを持って、同じ問題を前に、「どうかな」と探りながら答えを書き、そして答えのないまるつけを一緒にしてくれる誰かの存在は、どんな完璧な解答よりもかけがえのないものだと思い、この楽曲を制作しました。これは僕と、『ギヴン』が悩みながら導き出し、そして世に放つひとつの答えです。」と楽曲について語っている。

アニメ作品から飛び出した、ギヴンのメジャーデビュー曲「まるつけ」は現在、各音楽サイトにて配信中。9月18日発売のCD詳細については後日発表される。

▲キービジュアル:(C)キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

▲「まるつけ」配信ジャケット

テレビアニメ『ギヴン』

2019年7月11日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜24:55放送開始 ほか各局でも放送
FODにて独占配信
※放送日時は変更となる場合がございます。

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
シリーズ構成:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン/総作画監督:大沢美奈 
美術設定:綱頭瑛子
美術監督:本田光平
色彩設計:加口大朗
撮影監督:芹澤直樹
撮影監督補佐:中川せな
CG監督:水野朋也
編集:伊藤利恵
音響監督:菊田浩巳
音楽:未知瑠
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二/秋田信人
アニメーション制作:Lerche
オープニング・テーマ :「キヅアト」 センチミリメンタル
エンディング・テーマ :「まるつけ」 ギヴン(Produced by キヅナツキ Sound Produced by センチミリメンタル)

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾/上ノ山立夏:内田雄馬/中山春樹:中澤まさとも/梶 秋彦:江口拓也
村田雨月:浅沼晋太郎/鹿島 柊:今井文也

【公式サイト】given-anime.com 【公式Twitter】@given_anime
この記事をツイート

この記事の関連情報