SquierからClassic Vibeニューモデル9モデル&セミホロウボディのStarcaster 3モデルが発表

ツイート

フェンダーのSquierブランドよりClassic Vibeのニューモデル9モデルとセミホロウのStarcaster 3モデルが登場。米ナッシュビルのSUMMER NAMM 2019で発表された。国内の販売時期などは未定。

Classic Vibeシリーズに追加されるのは、「’50s Stratocaster」「’60s Stratocaster」「’50s Telecaster」「’60s Custom Telecaster」「’60s Telecaster Thinline」「’50s Precision Bass」「’70s Precision Bass」「Jaguar Bass」「’60s Mustang Bass」の9モデル。

フェンダーブランドの豊かな歴史を踏襲する各モデルには、各年代を象徴するヘッドストックマークをフィーチャーし、フェンダーが開発した新アルニコピックアップを搭載する。さらに光沢のあるニッケルプレートのハードウェアや、なめらかなヴィンテージ調のグロスネックフィニッシュの採用など、伝統的なルックスも再現した。Squierの新しいギター&ベースは、プレイヤーフレンドリーな特徴を持つと同時にヴィンテージスタイルが施され、既存のプレイヤーだけでなく初心者にも適した製品に仕上がっている。


▲’50s Stratocaster

▲’60s Stratocaster

▲’50s Telecaster

▲’60s Custom Telecaster

▲’60s Telecaster Thinline

▲’50s Precision Bass

▲’70s Precision Bass

▲Jaguar Bass

▲’60s Mustang Bass


■Starcasterは個性の異なる3モデルをラインナップ


▲左からClassic Vibe Starcaster、Affinity Series Starcaster、Contemporary Active Starcaster。

さらに、Classic Vibe、Contemporary、Affinity SeriesにはそれぞれStarcasterモデルも追加される。これらは特徴的な1970年代のフェンダーへのトリビュートモデルで、オフセットボディシェイプとユニークな形のヘッドストックを備え、これまでの慣習を打破したセミホロウギターとなっている。

オリジナルを忠実に再現した「Classic Vibe Starcaster」には、フェンダーデザインによるWide Rangeハムバッキングピックアップや、年代に合わせたヘッドストックマーク、ヴィンテージ調のグロスネックフィニッシュ、ニッケルハードウェアをフィーチャー。

「Contemporary Active Starcaster」はモダンなフェンダーモデルで、高出力のアクティブSquier SQRハムバッキングピックアップを搭載し、フィードバックを最小化する設計のシールドセミホロウボディを採用する。

また、エントリーレベルの「Affinity Series Starcaster」にはSquierハムバッキングピックアップを採用、サテンネックフィニッシュがスムーズで自然な弾き心地を実現する。


▲Classic Vibe Starcaster

▲Contemporary Active Starcaster

▲Affinity Series Starcaster
この記事をツイート

この記事の関連情報