奥田民生、ユニコーン楽曲「与える男」セルフカバーをマルチトラック音源で発売

ツイート

奥田民生が本日7月22日より、ユニコーンの楽曲「与える男」のセルフカバーをマルチトラック音源で発売することが明らかとなった。

◆奥田民生 画像

“カンタンカンタビレ”は2017年からスタートし、奥田民生にとってライフワークになりつつあるレコーディング企画だ。YouTubeでレコーディングの模様を多数公開しているが、納得がいかず演奏し直すことになっても機材に感電しても楽しそうな姿から、その充実ぶりがうかがえるというもの。同レコーディング企画ではセルフカバー曲をメインに21曲を制作し、うち20曲は配信限定でリリースしたが、vol.20「働く男」のみ“奥田民生オリジナルモデルMTR「DP-008EX-OT」”にプレインストールされた状態での発売という異例の試みを行っている。

そして1週間ほど前から本日までに、vol.22「与える男」(ユニコーン曲のセルフカバー/作詞・作曲:奥田民生)のレコーディングの模様が全6本公開となった。同時に、前述したvol.20「働く男」と同様、MTRで再生・録音・編集が可能なマルチトラック音源データを本日よりダウンロード販売することが決定した。レコーディングの模様はDP-008EX-OTスペシャルサイトで視聴可能、マルチトラック音源の購入も同サイトから。






■『カンタンカンタビレ vol.22「与える男」』マルチトラック音源データ

7月22日(月)より発売スタート
926円+税
▼内容
・「与える男」マルチトラック音源データ
・ジャケット写真データ
・ギターコード譜付き歌詞カードデータ
・取扱説明書「カンタンガイド」
▼レコーディング動画&マルチトラック音源購入サイト
DP-008EX-OTスペシャルサイト:http://okudatamio.jp/special/dp-008ex-ot/
※このデータは、TASCAMのポータブルMTR<DP-008EX-OT>で再生、録音、編集が可能です。一般的な音楽再生機器・アプリ等ではお聞きいただけません。


【奥田民生オリジナル 8トラックポータブルMTR 「DP-008EX-OT」】
“カンタンカンタビレ”企画でレコーディングされた「働く男」(ユニコーン曲のセルフカバー)のマルチトラック音源をプレインストールした8トラックポータブルMTRが「DP-008EX-OT」だ。ティアック社からすでに発売中の「DP-008EX」の奥田民生オリジナルモデルであり、こだわりの鮮やかなオレンジのボディカラーや、液晶画面にレーベルマスコット“ヘロ・ディギン“が登場したりと、随所にOTモデルのこだわりが反映されている。
35,000円+税
特典:「働く男」ギターコード譜付き歌詞カード/カンタンカンタビレ「働く男」配信ジャケットステッカー
▼購入サイト
DP-008EX-OTスペシャルサイト:http://okudatamio.jp/special/dp-008ex-ot/

この記事をツイート

この記事の関連情報