【インタビュー】スキレット「現在のカルチャーは、“いつだって人生が素晴らしい”と誤解している」

ツイート


2度のグラミー賞ノミネートを誇るロック・バンド、スキレットが、10枚目のアルバム『ビクトリアス』を8月2日に全世界同時リリースする。前作『アンリーシュド』はゴールド認定されるなど、21世紀に売れたロック・バンドのひとつと言える彼ら。今回BARKSでは、その最新作についてジョン・クーパー(リード・ボーカル、ベース)に訊いたオフィシャルインタビューを掲載する。

  ◆  ◆  ◆

■ 望みを失っても希望はあると伝えたかった

── ニュー・アルバムの発売を控え、コリー(・クーパー/ギター、キーボード)のホームタウンであるミルウォーキーで週末ショウが控えていますね。

ジョン・クーパー(リード・ボーカル、ベース): そうだね、地元に戻れることがとても楽しみなんだ。実は明日オフなんだけど、息子とスパイダーマンの最新作を観に行く予定なんだ。家族と一緒の時間を過ごしてから、ミルウォーキーで<SUMMER FEST>に出るよ。このフェスはクールで、ローカルなフェスでそこにいるみんなが顔見知りだったり友人だったりするんだ。とても穏やかで、僕らの素晴らしいオーディエンスも大勢いるんだ。

── 実は私も行ったことがありますが、とても素晴らしいフェスですよね。それから、明日スパイダーマンの新作をご覧になると。あなたはマーヴェルのコミックや映画が好きで、あなたのポッドキャストによると『アヴェンジャーズ/エンドゲーム』を観た後には泣いたそうですね。一番お気に入りのスーパーヒーローはアイアンマンだったりするのでしょうか?

ジョン:(笑)。あぁ あれね!いや、スパイダーマンが僕のもっともお気に入りのスーパーヒーローだよ。子供の頃から現在に至るまで、スパイダーマンが1番のお気に入りであり、僕が一番最初にはまったスーパーヒーローでもあるんだ。

── スキレットの音楽はWWEやESPN、NBAなどのスポーツチャンネルなどでフィーチャーされていますよね。あなたはスポーツもお好きだったりしますか?

ジョン:うん、そうだよ。僕はスポーツをして育ったし、ジムに行ったり、バスケットボールをしたりしてる。スポーツが好きだし、スポーツをして時間を過ごしているよ。スキレットの音楽はスポーツにとても向いていると思うんだ。自分でいうのもなんだけど、僕たちの音楽はエネルギッシュでありながら同時にメロディック。それに、たくさんのポジティブさが詰まっていると思うんだ。シンガロングもできるけれどアグレッシブでもある。ギターもドラムもロックだけど、一緒に歌うことができる。

── 最新作『ヴィクトリアス』を通じて感じたことでもありますね。前作『アンリーシュド』よりもヘヴィな印象ですが、エモーショナルで、ポジティブなエネルギーに溢れていますね。あなたがポッドキャストで用いていた、“ウルトラ・ポジティビティ”こそが今作を表わすのに最適なのではないかと個人的には感じています。


ジョン:ポジティブな友人を持つのは、人生でとても重要なことであり、多くの人を助けることだと思う。でも僕が伝えたいのは、現在のカルチャーは…ソーシャルメディア、メディア、セレブリティーなどは“いつだって人生が素晴らしい”と誤解していると思うんだ。ポジティブ思考というのは、人生は容易くなく、不運な時を過ごすこともある、けれども打ち勝つことができる、それには成功の糸口を探し出さなければいけないという認識だと思うんだ。己の中にあるのか、神か、それが何であろうと、勝者になるためには成功の糸口を探し出す必要があると思う。ウルトラ・ポジティビティというアイデアを教授したのはもっとハートフルなもので、人生で困難なことがあったとしても、自分がより強い人間だからこそ向き合うことができる。でも、人生って時としてさらに困難なこと、本当にどうしようもないほどの最悪の時が訪れることがあるってことに気づかない人もいる。人生における最悪な時といえば、僕が6年生の頃だから、だいたい10歳くらいの頃かな、母親がガンと診断されたんだ。3年間ガンと闘って消えたと思ったら再発して、化学療法を受けたんだけど、僕が14歳の頃に亡くなった。この3~4年の、母が衰えていく姿、ゆっくりと少しずつ死に向かっていく姿を見る日々は僕にとって本当に辛いものだった。ただ、僕がポジティブになれたきっかけは神様や友人との繋がり、そして僕を愛してくれる人々との対話だったんだ。ポジティブさっていうのは素晴らしいものだよ。でも、悪いことが起こらないって考えは非現実的だと思うんだ。

── アルバムに関する質問に戻りますが、今作にはいくつかのキーワードが存在すると思います。まずは、アルバムタイトルでもあり、表題曲のヴィクトリアス。 “闘いに勝つ”という意味のある言葉ですが、この曲におけるヴィクトリアスは、“素晴らしい人生”という意味合いに受け取れたように感じました。

▲アルバム『Victorious / ビクトリアス』

ジョン:闘いに勝つ、というのが大部分の意味だと思うよ。僕はかなりの衝撃を受けたんだけど、ここ何年で多くのロックスターが他界しているよね。自殺や誤ってオーバードーズで命を落としている人もいる。特にリンキン・パークのチェスター・ベニントンの死に大きな衝撃を受けたんだ。彼のことを個人的に知っていたわけでもなければ、直接会ったことすらなかったから、そんな風に思ったことが不思議だけど、僕は本当に悲しかったんだ。僕らはリンキン・パークと多くのファンを共有していたし、いつか一緒にツアーするんじゃないかって思っていた。僕は彼らの大ファンだしね。だから彼が自らの命を絶ったのがとても悲しかったんだ。インターネットで多くの反応をみたんだけど、本当に大勢の人々が悲しみを伝えていた。彼の死によって多くの人が落ち込んでいた。そんな深い悲しみの淵にいる人々のために、生き続けるように曲を書いたんだ。その悲しみや暗闇に打ち勝てるように、そして彼らが愛する人たちに「ねぇ、私は今とても辛くて助けが必要なんだ」と伝えるよう促したいという願いがあったからこそ作ったのが “ヴィクトリアス” なんだ。それがこの曲を作った動機であり望みでもあったんだよね。君の言葉によって気付かされたんだけど、望みを失っても希望はあると伝えたかったんだ。できればいつかこの曲が誰かを救うことができればいいな。

── “アンカー” は本作におけるところの“ヴィクトリアス”に対するアンサーソングのようにも受け取れました。この曲はまるで誰かに抱き締めてもらっているような温かみのある曲で、 “ヴィクトリアス”が、希望をという光を求めている人へ届けている曲ならば、“アンカー”はまるで温かな光で未来を照らすような1曲だと感じました。

ジョン:あぁ、そうだよ! “アンカー”はまさにそういった方向性の曲だよ。僕も君が今投げてくれたような思いをこの曲に対して感じているよ。君個人や僕個人の絶え間なく続く人生の中で、落ちていくものや、周りで落ちていくものの中で、この曲は守ってくれるような曲だよ。恐らくスキレットのこれまでの曲の中でもっとも優しい曲だと思うよ。ロマンティックでもあれば同時にドリーミーなサウンドでもある。そんなムードを醸し出すことができたのは良かったね。


── 今作のほとんどを初めて貴方とコリーがセルフ・プロデュースしたそうですが、いかがでしたか?

ジョン:実はコリーは過去のアルバムも多くのプロダクションにおける責任者だったんだけどクレジットされていなかっただけなんだ。僕はいままでスキレット・サウンドの責任者で曲を作ってきたんだけど、プロデューサーを迎えることで自分たちが間違った方向へ進んでいないか指南してもらった方が無難かなと思っていたんだ。過去にたくさんアルバムを作ってきたし、僕ら自身でプロデュースする用意はできてる!ってことになった。実際やってみたらうまく行った。なんというか以前よりもピースだったし、よりアグレッシヴにもなれたし、面白くなった。だってさ、僕らは時間をかけて自分のやりたいことを追求してきたんだし、僕らのやってきたことや試みてきたことは誰も知らないんだしさ!コリーは素晴らしいよ。僕よりはるかに素晴らしい役割を果たしてくれたし、音楽の才能も優れていて、あらゆるサウンドを潤滑させ、ピアノを演奏している。彼女はこういった作業がとても得意なんだ。僕はヘヴィメタル派で、彼女はオルタナティヴで。僕はあらゆるサウンドをメタリカみたいにしたがるし、彼女はすべてを ザ・キュアーみたいにしたがるんだ(笑)。それをひとつにしているんだよ。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報