ONE CHANCE、結成1周年初ワンマンライブ「東京ドーム目指して頑張ります!」

ツイート

ONE CHANCEが7月22日、東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてグループ初となるワンマンライブ<ONE CHANCE 1st LIVE〜ステイハングリー、ステイフーリッシュ〜>を昼と夜の二部公演で開催した。

◆ライブ画像

結成1周年での初のワンマンながら追加席まで完売と、大盛況となった今回のライブ。昼公演、夜公演共に、本ライブには彼女たちの弛まない努力が隠れていた。

彼女たちは今回のワンマンライブに向け、2泊3日の強化合宿を行なっていた。そこで与えられた課題は、2チームに別れ、それぞれ課題曲を選び、歌詞にリンクさせたオリジナルの振り付けを創ること。メンバー間で意見を出し合い、時にはぶつかり合いながら本気で取り組んだ。そして今回のライブにてチームごとに創り上げてきたパフォーマンスを披露すると、彼女たちの努力の成果にファンからは大歓声が上がった。


また、今回のライブのために努力を重ねてきたことがもう1つ。それはなんと、アクロバット。ガールズグループではとても珍しく、そもそもできる人自体がごく少数となるこのパフォーマンス。しかし、そのアクロバットをなんとONE CHANCE全員が習得。新曲「賽を振れ」に合わせて行ったアクロバットは、彼女たちのエネルギッシュさをより際立たせていた。他のガールズグループではなかなか観れないライブパフォーマンスだ。

今回は新曲を2曲披露。1曲目はアクロバットが光る「賽を振れ」、2曲目は「I want you bad」。「I want you bad」は、ONE CHANCE史上初の恋愛ソングで、年上の男性に恋をした女の子の気持ちを歌ったメロディアスな曲調。タイプの違う2曲であったが、どちらも、ONE CHANCEならではの世界観だ。


最後にリーダーの熊代が「この日を楽しみにしていましたが、同時に不安でした。結成して1年、色々と経験しました。私の人生の中で悔しいこともあったけど、ファンの方とライブをできて今とても幸せです。一度の出会いを大事にして、一度のパフォーマンスで魅了できるよう9人で頑張ります。ワンチャンの物語をみなさんと作っていきたいです。みなさんの笑顔が私達の幸せです。」と涙を浮かべながら締め、ライブは幕を下ろした。

途中のMCでは「東京ドーム公演目指して頑張ります!」との意気込みも語られていた。結成1周年で初ワンマンを大盛況に終えた彼女たちが目標に見据えるのは東京ドーム公演。それを現実のものにするため、彼女たちは努力を惜しまず、頑張り続ける。


◆ONE CHANCE オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報