【ライヴレポート】AKi (シド 明希)、全国ツアーファイナル「俺たちのSTORYはずっとずっと続いていく」

ツイート

シドのベーシスト明希がこの夏、久々にソロプロジェクトAKiを本格始動。2年8ヵ月ぶりにシングル「Monolith」をリリースし、最新作をひっさげて約2年ぶりとなる全国ツアー<AKi TOUR 2019 「Monolith」>を開催した。同ツアーは7月2日のThunder Snake ATSUGIを皮切りに全11都市12公演を行ったもの。そのファイナルとなった7月24日のShinjuku BLAZE公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆AKi (シド 明希) 画像

客電が消え、場内に情熱的で妖艶なムードをまとったスパニッシュなSEが流れ出すと、ツアーメンバーであるYOUSAY(G)、加藤貴之(G)、宮上元克(Dr)とともにAKiが登場。「AKi!」と連呼する歓声を受け、ステージセンターのAKiが高らかにベースを掲げて流れ込んだオープニング曲は「FREAK SHOW」だった。

冒頭から、このツアーでさらに説得力を増したベースプレイとフロントマンとしての存在感をみせつけ、灼熱のステージに火を点けていく。ライブハウスであろうがアリーナであろうが変わらず、フロア左右に目配せしてさりげなく観客に合図をおくる演者意識の高さは、さすがである。

「Be Free」の間奏ではローポジションから繰り出すベースソロでオーディエンスの熱狂を呼び起こし、本人こだわりのツインギターがバンドサウンドを炸裂させた「Fahrenheit」、オーディエンスが一丸となるコール&レスポンスが場内に響いた「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」と続け、この時点で既にクライマックス級の熱気が会場を包み込んだ。


「怒涛のスケジュールの中、無事ツアーファイナルを迎えることができました。ちょっとカッコよくなって戻ってきたでしょ? 俺たち」──AKi

と最初の挨拶したAKiの表情は、今回のツアーの充実ぶりを表すように実に晴れやか。それを証明していたのがニューシングル収録曲「LIVE TO DARE」のアクトだ。デジタルを融合させながらも、歌が始まるとロックでファンキーなグルーヴ、曲間の長めのベースソロでは威勢のいいビートを奏でてバンドをドライヴさせるなど、ここでは歌・ベース・バンドのグルーヴが三位一体となってベーシストAKiだからこそ作れる圧巻のライブ空間を演出してみせた。

そこから弾けるように始まった「libido」のアップリフティングな盛り上がりは言うまでも無く極上。ライブ中盤、エロティシズム満載のダンディーな声色にシフトして、首筋に浮かぶ血管で女性ファンをたっぷり魅了した「ジウ」、そこからインスト曲「Swag」に突入すると、今度は男くさいロッカー然としたオーラをまとい、鋭い目線でメンバーの出音と駆け引きしながら華やかにスラップ。男性ファンを一気に釘付けにしたこのシーンも、ツアーでさらに磨きがかかったと言える。

AKiが放つ華やかで妖艶な部分と男らしいロック感、その人間的な魅力で会場を揺さぶった後はソングライターとしてのAKiの魅力が爆発。珠玉のメロディがつまったバラード「tonight.」を情感たっぷりに届け、回るミラーボールの光がフロアに降り注ぐ中、彼らしい希望感溢れるキャッチーな「Skyfall」を披露すると、オーディエンスは熱量がこもった歌声をステージに返した。ロックなサウンドを体で浴びながらも、その中に歌いたくなるメロディがどこかにある。これはAKiが作る楽曲の最大の特徴だ。ライブ中、こうしてステージと客席が歌でエネルギーのやりとりを行ないながら、互いの気持ちを重ね合うシーンは回を重ねるごとにAKiのライブの重要な武器となっていった。

「とてもいい声をありがとう。まだまだ暴れ足りないんじゃないですか? 心配しなくても、ひとりひとり愛し抜いてやるから!」──AKi

そんな粋な言葉でフロアを煽った後、最新曲「Monolith」を投下。めちゃくちゃカッコいい間奏のベースソロで観客のハートを思いっきりぶち抜き、「いくぞ新宿!」と叫んでサビを歌い出したAKiに向けて腕を掲げるオーディエンスの熱量がひときわ高まる。「Brave New World」で熱量をさらに加速させ、「でっけー声で歌ってください」のコールに応えて「The Inside War」ではシンガロングが広がり、歌詞通りに“君の作るこの世界”をリアル世界に実現。そして「ラスト!暴れちまえー!」という叫び声を合図に、ニューシングル収録メロコアチューン「All Through The Night」ではフロアのあちこちにサークルモッシュが広がるなど、新しい景色を生み出したところで本編が終了した。


アンコールのMCでは、その新しい光景に対して「なかなかの暴れっぷり。ステキでした」と観客を讃え、「今回のツアーがみんなの“夏の思い出”になって欲しい」と付け加えた。また、そのMCの中でツアー中の最大のトピックとして「いい年したこの青年4人で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに遊びに行きました」と告白。絶叫系が大の苦手というAKiとYOUSAYが、頑張って絶叫マシンに乗ったときのエピソードで場内を和ませた。そうして「このツアーも次で最後。だけど俺たちのSTORYはずっとずっと続いていくから」とAKiが叫び、ツアーのラストナンバーとしてロックアンセム「STORY」を披露した。

最後の最後に会場の温度を絶頂まで高め、ステージとフロアの想いがさらに強くひとつに重なったところでライブはフィニッシュ。「また必ず会いましょう! 最高でした。愛してるぞ」といって、投げキッスをおくったAKi。名残惜しそうにフロアを見渡してステージを後にした。

「Monolith」収録曲たちをライブの重要な場面に配置することによって、歌い手として、ベーシストとして、ロックバンドとして、ソングライターとしても人々を魅了した今回のステージ。その結果、男らしいロック感と華やかで目を引く妖艶なオーラが同居するAKiの個性までも際立つようになった。

9月からは、シドとしての全国ホールツアー<SID TOUR 2019 -承認欲求->が控えている。AKiでのツアーが今後のソロだけではなく、シドにどのようにフィードバックされるのか期待したい。<SID TOUR 2019 -承認欲求->のチケットは各プレイガイドにて受付中だ。

取材・文◎東條祥惠
撮影◎西槇太一

■<AKi TOUR 2019 「Monolith」>7月24日(水)@Shinjuku BLAZEセットリスト

01. FREAK SHOW
02. Be Free
03. Fahrenheit
04. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
05. LIVE TO DARE
06. libido
07. ジウ
08. Swag
09. tonight.
10. Skyfall
11. Monolith
12. Brave New World
13. The Inside War
14. All Through The Night
encore
en1. Wait for You
en2. HEADZ UP
en3. STORY

■<MUCC BIRTHDAY CIRCUIT 2019 「40」 〜じゃっくいんざぼっくす -さとちのおたんじょうかい-〜>

8月12日(月・祝) 東京・豊洲PIT
open16:00 / start17:00
▼出演
MUCC / AKi / Plastic Tree / DEZERT / NOCTURNAL BLOODLUST
ゲスト:左迅 (ex-girugamesh)
▼チケット
オールスタンディング ¥6,939(税込・ドリンク代別)
※未就学児童入場不可
※営利目的の転売禁止
・イープラス https://bit.ly/2JTr2r1
・ローソンチケット https://bit.ly/2JUmvVs 0570-084-003 (Lコード 72626)
・チケットぴあ https://bit.ly/2yeLfAU 0570-02-9999 (Pコード 149-592)
(問)GARAGE 050-5533-0888

■シド アルバム『承認欲求』

2019年9月4日発売

▲初回生産限定盤A

▲初回生産限定盤B

▲通常盤

【初回生産限定盤A (CD+DVD)】KSCL-3180/1 ¥3,611+税
【初回生産限定盤B (CD+写真集)】KSCL-3182/3 ¥3,611+税
【初回仕様限定盤 (CD)】KSCL-3184 ¥2,870+税
<収録曲>※初回生産限定盤/初回仕様限定盤とも同様
01. 承認欲求
02. Blood Vessel
03. 手
04. デアイ=キセキ
05. see through
06. ポジティブの魔法
07. 淡い足跡
08. Trick
09. 涙雨
10. 君色の朝

【対象店舗 / 特典内容】
▼TOWER RECORDS (オンライン含む/一部店舗除く)
シド『承認欲求』オリジナルB3ポスター(全5種)
※1枚お買い上げにつき、ポスターをランダムで1枚プレゼント
※ポスターの絵柄は店頭ではお選び頂けませんのでご了承ください
※数に限りがありますので無くなり次第終了となります
▼TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く) / TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
シド『承認欲求』オリジナルB3ポスター(TSUTAYA ver.)
▼シド応援店
シド『承認欲求』オリジナルB3ポスター(集合1種)
※応援店の対象店舗は後日解禁となります

■シド ホールツアー<SID TOUR 2019 -承認欲求->

09月13日(金) 千葉・松戸 森のホール21 ~ID-S限定LIVE~
open17:30 / start18:30
09月14日(土) 千葉・松戸 森のホール21
open15:00 / start16:00
09月23日(月・祝) 群馬・ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
open17:00 / start18:00
09月25日(水) 神奈川・カルッツかわさき
open17:30 / start18:30
10月05日(土) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
open17:00 / start18:00
10月12日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ
open17:00 / start18:00
10月14日(月・祝) 岡山・岡山市民会館
open17:00 / start18:00
10月19日(土) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
open17:00 / start18:00
10月20日(日) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
open15:00 / start16:00
10月22日(火・休) 福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール
open17:00 / start18:00
11月02日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
open17:00 / start18:00
11月03日(日・祝) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
open15:00 / start16:00
11月05日(火) 東京・中野サンプラザホール
open17:30 / start18:30
11月06日(水) 東京・中野サンプラザホール
open17:30 / start18:30
11月09日(土) 新潟・新潟テルサ
open17:00 / start18:00
11月13日(水) 北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
open17:30 / start18:30
▼チケット
全席指定 ¥7,500(税込)
※4才以上有料
一般発売日:8月17日(土)
※9月13日 松戸公演は除く
【プレイガイド先行】
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/sidtour2019/ 
受付期間:7/24(水)12:00〜7/30(火) 23:00
・Yahoo!チケット http://r.y-tickets.jp/sidtour2019/
・LINE TICKET https://ticket.line.me/sp/sidtour2019/
受付期間:7/24(水)12:00〜7/29(月)23:00

■マオ from SID<Acoustic Tour 2019「箸休めNight」>

7月17日(水) 東京・恵比寿 The Garden Hall
-女性Vocalist Cover-
・1st SHOW:open16:00 / start16:30
・2nd SHOW:open19:00 / start19:30
(問)キョードー東京 0570-550-799
7月19日(金) 宮城・仙台Rensa
・1st SHOW:open16:00 / start16:30
・2nd SHOW:open19:00 / start19:30
(問)キョードー東北 022-217-7788
7月23日(火) 福岡・久留米シティプラザ 久留米座
・1st SHOW:open16:00 / start16:30
・2nd SHOW:open19:00 / start19:30
(問)キョードー西日本 0570-09-2424
7月25日(木) 大阪・大阪BIG CAT
・1st SHOW:open16:00 / start16:30
・2nd SHOW:open19:00 / start19:30
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888
7月26日(金) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
・1st SHOW:open16:00 / start16:30
・2nd SHOW:open19:00 / start19:30
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
7月30日(火) 東京・マイナビBLITZ赤坂
-男性Vocalist Cover-
・1st SHOW:open16:00 / start16:30
・2nd SHOW:open19:00 / start19:30
(問)キョードー東京 0570-550-799

▼参加ミュージシャン
Bandmaster&Keyboard:nishi-ken
Guitar:友森昭一
Violin:門脇大輔

▼チケット
VIPチケット:¥12,000(全席指定・税込)
※1〜6列以内 ※ドリンク付(久留米公演以外)
通常チケット:¥5,500(全席指定・税込)
※別途入場時にドリンク代必要(久留米公演以外) ※未就学児童入場不可
一般発売:6月22日(土)

この記事をツイート

この記事の関連情報