ギターブランド「RYOGA」誕生2周年記念の豪華な2機種を発売

ツイート

島村楽器のエレキギター/エレキベースのブランド「RYOGA(リョウガ)」から、希少材を使用したモデルとアーティスト監修による特別モデルが、ブランド誕生2周年となる8月3日に発売される。

「RYOGA」は、島村楽器が2017年8月に立ち上げたエレキギター/エレキベースのブランド。重量、バランス、スケール感などの設計を根本から見直し、特に立奏時に抜群のフィット感を生み出すことをコンセプトにしたオリジナル・デザインを採用。デザインモチーフは、日本に生息するハチ類の中でも最も強力で攻撃性が高いオオスズメバチだ。そんなRYOGAから限定モデルがブランド誕生2周年となる2019年8月3日(=ハチミツの日)に発売される。

「HORNET(ホーネット)-G3/KORINA」は、国内流通量が少なく入手が困難なコリーナ材をボディとネックに使用。美しい木肌とふくよかな中音域に歯切れの良さをあわせ持つブライトなサウンドが特徴だ。指板に採用した花梨(カリン)材は古くから三味線の竿などにも使用されてきた硬い木材で、原産地に近いということもあり高温多湿の日本でも比較的音程の狂いが少なく安定している。レスポンスに優れたスピード感あるサウンドは、花梨材ならではのもの。

チューンオーマチックブリッジ仕様で、オールラウンドに使いやすい一本。ダイレクトに打ち込まれたブリッジのスタッドアンカーが、弦振動を余すところなくボディに伝える。コリーナ材独特の音色と伝統的なブリッジとのコンビネーションで、程よいテンション感とふくよかなサウンドを獲得。また、フロントピックアップはこのシングルカッタウェイタイプのギターでは比較的珍しいシングルコイルで、芯のあるクランチサウンドが魅力。「TYLE(トランスルーセント・イエロー)」と「TPS(トランスルーセント・パール・シルバー)」の2色展開で、各6本ずつの少量生産となっている。


もう一方の「CICADA(シカーダ)-T2/紅桔梗(べにききょう)」は、「狂想演奏家」と銘打った重厚でドラマチックなサウンドに、日本語による抒情的な詩世界を乗せる5人組ロックバンド「LACCO TOWER(ラッコタワー)」のギタリスト、細川大介との共同プロデュースモデル。「BNK(紅桔梗)」1色展開の限定5本販売。ただし、同モデルは、昨年10月開催の「2018楽器フェア」で先行情報公開ならびに実機デモンストレーションを行い、RYOGAホームページ上にて予約販売受付を告知してきた結果、8月3日の発売日を待つことなく予約受付が上限数に達している。


■「CICADA-T2/紅桔梗」発売記念イベント

「CICADA-T2/紅桔梗」の発売と連動した特別イベント<細川大介氏ミニライブ&トークショー>が、ブランド誕生2周年となる2019年8月3日(土)に開催される。


一流ギタリストによる演奏とトークで、RYOGAギターの魅力を存分にお届けするイベント。会場は、細川大介が所属するバンド「LACCO TOWER」の活動本拠地でもある群馬県前橋の「けやきウォーク前橋」。

イベントでは、細川大介本人による「CICADA-T2/紅桔梗」購入者への楽器引き渡しをはじめ、当該モデルを使用したデモンストレーション演奏が行われるほか、ギターに対するこだわりやRYOGAの魅力を語る。なお、このイベントはLACCO TOWERのライブ会場およびびSNSによる優先告知を実施しており、予約受付開始10分で規定の座席数が満員となっている。現時点では引き続き「立ち見」の予約受付を行っている。

<「CICADA-T2/紅桔梗」発売記念 細川大介氏ミニライブ&トークショー>

日時:2019年8月3日(土) 開場 18:30/開演 19:00
会場:けやきウォーク前橋 2F M-waveサテライトステージ(群馬県前橋市文京町2-1-1 2F)
参加費:無料(指定座席は満員御礼。立ち見のみ予約受付中、定員100名に達し次第受付終了とします)
問い合わせ:島村楽器 けやきウォーク前橋店 (TEL:027-210-6350)
この記事をツイート

この記事の関連情報