トゥール、ニュー・アルバム制作で1番のハードルは「成功」

ツイート


トゥールのフロントマン、メイナード・ジェイムス・キーナンは、13年ぶりとなるニュー・アルバムが完成し、胸のつかえが取れたように感じているそうだ。

◆トゥール画像

トゥールは、2006年発表の『10,000 Days』以来、5枚目となるスタジオ・アルバムを8月30日にリリースする。

キーナンは、『Joe Rogan Experience』ポッドキャストのインタビューで、「胸の重いつかえがとれた。大変な労力を要した」「このアルバムを完成できたことに興奮している」と話し、これほど長い時間がかかった理由の1つとして“成功”を挙げた。

「成功すると、その人物は、自分は全てにおいて正しいと思う。“僕は正しく、君は間違ってる”ってなりがちだ。自分もしくは自分たちが成功したのは、自らの力で君たちのおかげではないってわけだ。僕らはそこまで悪くなかった…。 “これが欲しい。自分の思い通りにやる。だから、僕らは成功してるんだ。妥協しないからだ”っていう原動力がある」

バンドは今週、新作のタイトルが『Fear Inoculum』であることを明かした。アートワーク、トラッキングリスト等の詳細は今後、発表される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報