【ライブレポート】BAND-MAID、<進化>へ繋ぐツアーファイナル

ツイート

BAND-MAIDが7月30日に<BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019 【激動】>のツアーファイナル公演を東京・昭和女子大学 人見記念講堂で開催した。東名阪のツアーと並行するようにイギリス、ドイツ、フランス、台湾など各国を廻り、9月からはソールドアウト続出のアメリカ各地でのお給仕が予定されているBAND-MAIDは結成当初から掲げてきた目標“世界征服”への道に向かって邁進中だ。

◆ライブ画像(全17枚)

ソールドアウトとなった人見記念講堂でのアクトは世界を股にかけるBAND-MAIDのライブ力(お給仕力?)に最初は控えめなノリだった2階席からも怒涛の声援と歌声が響きわたるほど。本ツアー初披露の新曲を混じえ、全25曲を駆け抜けた。

色鮮やかなレーザー光線が開演を告げ、大歓声の中、メンバーが登場し、お給仕は攻めのナンバー「Screaming」からスタート。続いて KANAMI(G)のギターリフとビートが新たなBAND-MAIDを感じさせる最新シングル「glory」が投下された。跳ねるリズムに合わせて彩姫(Vo)がジャンプし、MISA(B)が前に出てベースを弾き、小鳩ミク(G&Vo)がセンターでギターをかき鳴らすと KANAMIが横に来て並んでプレイするなどアクティブなパフォーマンスが繰り広げられた。



のっけから“やる気”の5人に客席からは熱い声援と拳が突き上げられる。彩姫と小鳩のツインボーカルのかけあいやメタリックな間奏も刺激的な「DOMINATION」では KANAMIのテクニカルなギターソロに“うおおおお”という声が上がり、パワフルなビートを叩き出すAKANE(Dr)のドラム台に佇まいからしてロックなMISAが足をかけてベースを弾く場面も。リズムセクションのみで始まるイントロダクションからしてしびれさせてくれる「Don’t you tell ME」では彩姫が「声出せますか!?」と煽り、大合唱となった。

「やってまいりましたっぽ。<激動>ツアー、ラスト! 本日は嬉しいことにソールドアウトっぽ! ありがとうございますっぽ。選ばれしご主人様、お嬢様がご帰宅していただいたということで、もっともっと声が出せるんじゃないでしょうか? ようこそ! BAND-MAIDのお給仕へ!」──小鳩ミク


彩姫がステージからはけ、ギターを置いた小鳩がソロボーカルをとる軽快なロックナンバー「Rock in me」へと移行。楽器陣はスリーピース形態となるが音に厚みがあるのはさすが。そして彩姫が戻ると空気が切り替わり、フロントの2人がセンターで煽るハードロックチューン「Take me higher!!」を投下。ポップな曲が似合うキュートな声質の小鳩と低めのキーでアタックの効いた歌を聴かせる彩姫という対照的なボーカリストがいるのもBAND-MAIDの強みだ。AKANEのドラムソロがフィーチャーされた「FREEDOM」でさらに場内の熱を上昇させ、センターでのKANAMとMISAのフレーズバトルも飛び出した「CLANG」では小鳩が客席前方へとせり出した花道へ移動して煽り、場内はコール&レスポンス。


BAND-MAIDの曲はキメも多く、展開も複雑なので全員のスキルが高くないと成立しない楽曲がほとんどなのだが、それでいて視覚的にも見せまくる。日本のみならずライブ環境も違う海外のライブハウスでも勝負を重ねてきたことが5人全員の個性が際立ついまの彼女たちを作り上げた。BAND-MAIDは誰ひとり欠けても成り立たない。掛け値なしのロックバンドなのである。

各自のソロパートも堪能できるインストナンバー「onset」でも、その実力を見せつけ、彩姫が戻るとお給仕はなごやかなMCタイムに。小鳩が「暑いっぽ!」と言うと彩姫がクールなトーンで「暑いですか? 鳩さん」と返し、鳩にひっかけて「焼き鳥になるっぽ」と小鳩がジョークを飛ばすと「焼き鳥でも蒸し鶏でも美味しくなさそう」と彩姫。そしてホールの2階席が高いことからKANAMIが高所恐怖症であることを小鳩が明かし、KANAMIがロリータボイスで無邪気に手を振りながら「いちばん後ろの高い人、大丈夫ですか~? 見えてますからね」と声をかけると場内は速攻でほっこり。しゃべると独特な空気にしてしまうKANAMIの不思議キャラについて彩姫が話すと小鳩が「超音波かなんか出てるんじゃないの?」と笑わせた。

BAND-MAIDのお給仕に欠かせない小鳩の「おまじないタイム」では後ろで缶ビールをあけるMISAがいじられていたが、全員が突き抜けている性格なのも、このバンドの潔さに繋がっているのかも? “萌え萌え きゅんきゅん”でおなじみのコール&レスポンスでは場内の熱気も小鳩を加速させたのか、後半は“激動”と何度も叫び、もはや、なにを言っているかわからないスクリーム状態に突入していた。


リラックスしたあとは本ツアーから解禁された新曲「wonderland」をLEDスクリーンに歌詞が映し出される演出で披露し、「YOLO」、「Choose me」などライブのキラーチューンを連続投下すると同時にメリハリのある構成で楽しませる。赤のレーザーが飛び交う中、変則的でアーシーかつダイナミックな最新シングル「Bubble」を投下したかと思えば、小鳩がアコギに持ち替えての弾き語りからバンドサウンドへと移行する「TIME」ではステージのモニターに真っ白な鳥かごがあらわれ、 KANAMIが大空を思わせるギターソロを響かせた。


宇宙空間をイメージさせる映像とともに奏でられたメロディックなナンバー「Smile」ではスケール感たっぷりの歌と演奏で包みこみ、“アリーナやスタジアムでご主人様・お嬢様と一緒にシンガロングしたい”という想いのもとに生み出された新曲「endless Story」は早くもシンガロングに。彩姫が「みんなが声をとてもくれることがわかったから一緒に歌わない?」と呼びかけ、アカペラから始まった「Daydreming」は大合唱となった。


そして「新曲持ってきました!」と前のめりなアッパーチューン「輪廻」が披露され、新たな引き出しが次々に開けられていくようなライブ運びに場内はもはや沸騰状態だ。繊細さと大胆さ、クレージーさを合わせ持つ日本が生んだギターヒーローならぬギターヒロイン、KANAMIのソロセクションでは“歯弾き”も飛び出し、「モラトリアム」では大シンガロング。その半端ない一体感に彩姫も思わず「最高!」と叫んだ。BAND-MAIDのハードロック魂炸裂の「Play」を投下し、ラストナンバーは走り抜けるようなナンバー「you.」。

拍手と大歓声の中、彩姫は「ありがとう。東京、最高です! また絶対にお給仕でお会いしましょう!」と告げ、小鳩は「またお給仕で遊ぼうっぽ!」。ステージには“激動”の文字が大きく映し出された。


興奮さめやらない場内のスクリーンに映し出されたのはBAND-MAIDが10月から年をまたいで2020年2月にかけて全国ツアー<BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019-2020 【激動】>を行い、ファイナル公演は【進化】と題され、東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で2デイズ開催されるという告知。さらに12月にニューアルバム(タイトル未定)がリリースされることが告げられ、再び怒涛の歓声。そして客電がついたステージには“進化”の文字が──。

結成6年目にして驚異の進化を遂げているBAND-MAID。彼女たちのお給仕はワンアンドオンリーだと断言したい。


取材・文◎山本弘子
撮影◎MASANORI FUJIKAWA

セットリスト

1.Screaming
2.glory
3.hide-and-seek
4.DOMINATION
5.Don't you tell ME
6.Rock in me
7.Take me higher!!
8.FREEDOM
9.CLANG
10.Spirit!!
11.onset -inst-
12.wonderland ※新曲
13.DICE
14.YOLO
15.Choose me
16.Bubble
17.Carry on living
18.TIME
19.Smile
20.endless Story ※新曲
21.Daydreaming
22.輪廻 ※新曲
23.モラトリアム
24.Play
25.you.

ツアー情報

<BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019-2020 【激動】>
2019年
10月14日(月祝)神奈川・横浜BAY HALL
10月20日(日)大阪・なんばHatch
11月9日(土)宮城・仙台Rensa
11月10日(日)栃木・HEAVEN'S ROCK宇都宮 VJ-2
11月16日(土)石川・金沢Eight Hall
11月17日(日)新潟・NEXS NIIGATA
11月23日(土)北海道・旭川CASINO DRIVE
11月24日(日)北海道・サッポロファクトリーホール
12月5日(木)香川・高松MONSTER
12月7日(土)福岡・DRUM LOGOS
12月8日(日)広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
12月15日(日)長野・CLUB JUNK BOX
12月22日(日)京都・KBSホール
2020年
1月10日(金)愛知・名古屋ダイアモンドホール
1月11日(土)兵庫・神戸Harbor Studio
1月18日(土)鹿児島・CAPARVO HALL
1月19日(日)熊本・B.9 V1

<BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】>
2020年
2月13日(木)東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
2月14日(金)東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

この記事をツイート

この記事の関連情報