海蔵亮太、祖父の眠る墓前で「愛のカタチ」を献歌

ツイート

海蔵亮太が7月29日(月)、2019年4月に83歳で他界した祖父の故郷である宮崎県小林市を訪れた。

◆海蔵亮太 写真

生前、歌が大好きだったという祖父が眠る海蔵家の墓前で、海蔵はデビュー曲「愛のカタチ」を献歌。アカペラで生歌を届けた。

その後、海蔵は祖父が亡くなる直前まで入院していた介護老人保健施設「みずほ」を訪問し、慰問コンサートを開催。童謠「ふるさと」や美空ひばり「愛燦燦」など、施設の利用者に馴染みのある曲を織り交ぜながら、ラストは「愛のカタチ」を披露した。


曲紹介のくだりでは、「愛のカタチ」の歌詞と同様に、祖父が生前認知症を患い、同施設に入院していた頃のエピソードを語り、「実は頑固で亭主関白なおじいちゃんがあまり好きじゃなかった。大好きなおばあちゃんをいじめるので!」と本音を告白すると、親族や利用者から笑いが起こった。海蔵はさらに「それでも情に厚く少年のような心を持った祖父の事を祖母は大好きだった」、「天国のおじいちゃんが笑顔でいてくれるようにこれからも歌い続けて行きたい」と話し、歌った。



▲海蔵亮太(左)、祖父:茂さん(右)

その後、海蔵は小林市役所を訪れ、小林市の「こばやしPR大使」を拝命。小林市長より任命状を授与され、全国でも数少ない「海蔵」姓の内、親族20名が集まって、PR大使就任を祝った。海蔵は今後、第2の故郷とも言える小林市のPR活動に貢献していく。




海蔵は、祖父の死をきっかけに始めた病院や介護施設のライブ活動を、できる限りライフワークとして続けていく方針だという。

■Single「愛のカタチ」


▲プレミアム盤


▲スペシャル盤

2019年6月5日(水)発売
■プレミアム盤(CDS+DVD):CRCP-10430 ¥1,852+税
■スペシャル盤(CDS):CRCP-10431 ¥1,111+税

プレミアム盤
[DISC1(CDS)]
1. 愛のカタチ
2. Just a friend
3. コーヒーカップ
4. 愛のカタチ(Original Karaoke)

[DISC2(DVD)]
LIVE DAM STADIUM presents 海蔵亮太 LIVE 2019「Communication」FINAL @名古屋ボトムライン
・渡良瀬橋
・巡恋慕
・銀の龍の背に乗って
・Story
・接吻 
・On My Way
・君と僕の挽歌

スペシャル盤(CDS)
[CDS]
1. 愛のカタチ
2. イッショケンメイ
3. Stripes
4. 愛のカタチ(Original Karaoke)

■Major Debut Single「愛のカタチ」


▲「愛のカタチ」

2018年6月27日(水)発売
CRCP-10401 ¥1,111+税
1. 愛のカタチ
2. ウェディングソング
3. On My Way
4. 愛のカタチ(Original Karaoke)
5. ウェディングソング(Original Karaoke)
6. On My Way(Original Karaoke)

この記事をツイート

この記事の関連情報