【対談】Psycho le Cému × アルルカン、「本当に好きじゃないと、今、V系バンドは組まない」

ツイート

結成20周年を迎えたPsycho le Cémuが『20th ANNIVERSARY PROJECT「TWENTY STORY」』と題した“全20章”におよぶアニバーサリー企画を展開中だ。音源リリースやライブなど、スケジュールはあまりにも過密で精力的。20周年への感謝と賭ける意気込みが伝わってくるようでもある。<Live Battle「ライバルズ」>と題した対バン企画は、そのうちの第6章〜第8章を成すものであり、8月から11月に掛けて全7公演の規模で行われる。

◆Psycho le Cému × アルルカン 画像

主催ツーマンの開催は初。これまでコンセプチュアルなワンマンを主戦場としていたPsycho le Cémuだが、同シリーズでは絆や因縁の深いアーティストとバトルを繰り広げる。先ごろ公開した第一弾のLM.Cとの対談には20年来のつながりが赤裸々に語られた。そして、<Live Battle「ライバルズ」>の第二回に迎えられたのは対バンシリーズ中、最も世代の若いアルルカンだ。

トーク前半はDAISHI(Vo)、seek(B)、暁(Vo)の関西ノリが圧倒的。しかし、来堵(G)も少年時代、『ミュージックステーション』を見てアルバムを聴きこんでいたほどのファンだったことが明かされるなど、トークが白熱。DAISHIが気になっていた暁の髪型の由来について突っ込んだり、seekの若き日の悩みが明かされたり、後半に行くにつれて加速的に盛り上がる展開に。Psycho le Cémuとアルルカンの対決は異種格闘技なのか? 似た者同士なのか? 対バン当日が楽しみなトークセッションとなった。

   ◆   ◆   ◆

■アルルカンの写真を見たときは
■完全なるボーカル病の人なのかなって

──まずは両バンドの出会いから教えていただけますか?

seek:Psycho le Cémuではないんですが、毎年年末に開催されていたイベント<Over The Edge>でMix Speaker’s, Inc.としてアルルカンさんとご一緒させていただいたのが5年ぐらい前ですね。

來堵:もう、そんなに経ちます?

暁:確か、そうですね。

seek:個人的にはそれより前に曲は聴いてたんです。知り合いのバンドのレコーディングスタジオのロビーでミュージックビデオが流れているのをずっと見ていて、メロディがいいし声も前に出ていて、“売れそうやなぁ”って思ってました。

▲Psycho le Cému

──<Over The Edge>で共演したとき、話はしたんですか?

暁:そのときはなかなか……。というのも当日、僕らアホみたいにライブしてたんですよ。池袋EDGEのイベントに出て、新宿ReNYに移動して、その後に渋谷公会堂っていう。3本目で時間ギリギリに着いたので。

seek:<Over The Edge>って楽屋裏に特有の飲み部屋みたいなものが設置されてたんですよ。そこにバンドマンが集まって、僕はたこ焼きを作ったりしていたので、そこでちょっとだけ話しましたね。あとニコ生でご一緒させていただいたこともあって、そのときは車で2人で帰ったよね。

暁:はい。家まで送っていただきました。そのときは僕、悩みまくりだったので、途切れなくseekさんに質問して、話を聞いてもらいました。

──暁さんがずっと悩んでる感じは、ここ最近のBARKS対談でも話題です(笑)。

暁:はい、今もです(笑)。

DAISHI:いつも悩んでるの?

暁:はい。ずーっとですね。

seek:繊細ですからね。

DAISHI:アルルカンのアーティスト写真を見たときはそんなタイプじゃないと思ってた。完全なるボーカル病の人なのかなって。

暁:あはははは。

▲DAISHI [Vo / Psycho le Cému]

──ボーカル病って?

DAISHI:“俺についてこい!”みたいなタイプ。

暁:いやいや。もう悩みまくりですよ。

seek:でも、それが作品に繋がってるよね。きっと悩み続けなあかん人なんやろうなって。

DAISHI:じゃあ、seekと似たタイプかもしれないですね。

暁:そうなんですか?

DAISHI:若いときはずーっと悩んでたんですけど、30歳を超えたあたりからちょっと頭がおかしくなってきましたね(笑)。

seek:ははは。昔はそうでした。

DAISHI:seekも途中で吹っ切れたから、たぶんそういうときが来るんじゃないですかね? 吹っ切れるか、沼にハマるか(笑)。

▲DAISHI [Vo / Psycho le Cému]

──seekさんは当時なにに悩んでたんですか?

seek:僕は昔、コンプレックスの塊でしたから。楽器もうまく弾けへんし、他のメンバーのほうが早くバンドを始めていたこともあって、俺だけちょっと遅れをとってるんじゃないかって。

暁:僕がseekさんに惹かれたのは、どこかに影を感じたからだと思うんです。なのにメッチャ人としゃべってるし、“すごい!”ってなついたんだと思います。

seek:暁くんには何度か悩み相談されたんですけど、こう見えてすごいしゃべるんですよ。

暁:聞いていただいて嬉しかったです。

seek:2人だけでゴハン食べて何軒かハシゴしたんですけど、ほぼバンドの話ばっかりでしたね。

DAISHI:めっちゃエエ子やん(笑)。

暁:seekさんは「全然疲れてないよ」って話を聞いてくれるんですけど、他の人には「話してると疲れる。病気や」って言われたりするので。

──それもボーカル病の一種ですかね。

DAISHI:いや、ウチもメンバーとずっとバンドの話ばっかりしてるよ。たまにくだらない話もするけど。

seek:なぜか途中から腕相撲が始まったり。

暁:いいなぁ。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報