スカパラ×チバユウスケ、18年振りにタッグ

ツイート

東京スカパラダイスオーケストラが「WOWOWスペインサッカー 19-20シーズン イメージソング」を担当することが決定した。

スカパラはWOWOWスペインサッカーのために新曲を書き下ろし。さらに、フィーチャリング・アーティストとしてチバユウスケ(The Birthday)を迎える。スカパラとチバユウスケと言えば、日本の音楽シーンにおいてスカパラが新たなコラボスタイルを確立したとも言われている“歌モノ”シリーズで、2001年から2002年にかけてはじめて挑んだ“歌モノ3部作”の第2弾として2001年12月リリースの「カナリヤ鳴く空」が有名だ。

新曲のタイトルは「¡Dale Dale! ~ダレ・ダレ!~ feat.チバユウスケ」。作曲はサッカー通としても知られているスカパラの川上つよし(B)が担当した。川上は楽曲のアレンジをしている最中にチバユウスケの声が聞こえてきて、即オファーしたという。

本楽曲は8月3日よりWOWOWの番組内で使用されていく。現時点ではリリースの予定はないとのことだ。

■川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ)コメント
この曲は、実際にスタジアムで皆で歌ってるイメージで作りました。
アレンジをしている途上で、FC東京サポ仲間でもあるチバユウスケの声が聞こえて来て、即オファー!
録音物としては18年振りに彼とのコラボ作品が、こういう形で出来て感無量です!

■チバユウスケ コメント
さあ!皆スタジアムで歌おう!


◆東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報