【ライブレポート】LAMP IN TERREN、二度目の野音ワンマン「広い会場だけど、心をもっと近くに」

ツイート
PR

LAMP IN TERRENが、自身2度目の開催となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブに挑んだ。

松本 大(Vo,G,Pf)の声帯ポリープ切除手術のために活動を一時休止していたLAMP IN TERRENの再始動公演であった前回の野音ワンマン<ARCH>(2018年8月開催)は、さまざまな感情が渦巻く復活の舞台ゆえに本調子でなかった部分もあり、若干の悔しさが残るライブとなった。何より、バンドが大きく殻を破った最新アルバム『The Naked Blues』を生み落とす前のライブだっただけに、今回こそ彼らの真価が問われるというもの。そんな2度目の野音ワンマンは、同作のラストを飾る楽曲「月のこどもたち」から<Moon Child>と銘打たれた。

台風6号による熱帯低気圧の影響が心配されたものの、蓋を開けてみれば当日は見事な晴天。青空が顔を覗かせ、セミの鳴き声も夏らしく聞こえている。ステージ後方にはバンドロゴと満月のオブジェがシンプルに掲げられる中、いよいよ開演の時が近付く。

開演時刻を少し過ぎた頃、まずは川口大喜(Dr)が静かに登場。ドラムセットにスタンバイしてビートを奏で出すと、大屋真太郎(G)、中原健仁(B)、松本の3人が続けてステージへ現れ、「Dreams」からライブはスタートした。


撮影:浜野カズシ、小杉 歩
取材:田山雄士

<LAMP IN TERRENワンマンツアー「Blood」>

11月01日(金)東京・下北沢CLUB 251 (※)
11月02日(土)新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
11月07日(木)宮城・仙台enn 3rd
11月10日(日)福島・郡山PEAK ACTION
11月13日(水)京都・磔磔
11月14日(木)岡山・PEPPERLAND
11月16日(土)熊本・B.9 V3
11月17日(日)長崎・DRUM Be-7
11月20日(水)広島・BACK BEAT
11月21日(木)香川・高松TOONICE
11月24日(日)愛知・名古屋アポロベイス
11月26日(火)東京・渋谷Star lounge (※)
※渋谷公演は定期公演『SEARCH』ではなくワンマンツアー『Blood』となります
11月27日(水)千葉・LOOK (※)
12月01日(日)北海道・札幌COLONY
12月12日(木)大阪・心斎橋BIGCAT

▼チケット
前売¥3,500(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
先行予約:7月28日(日)21:00~8月4日(日)23:59
受付サイト:https://eplus.jp/lit19ml/
※抽選方式
※お一人様4枚まで
一般発売:9月14日(土)

(※)チケット詳細ページ:https://www.diskgarage.com/artist/detail/no010984

<LAMP IN TERRENワンマンライブ「Bloom」>

2020年1月13日(月・祝)東京・マイナビ赤坂BLITZ
※チケット情報は後日発表

DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報