【インタビュー】琴音、少女と大人の境を超え優しい雨のように心に沁み通る1stシングル「今」

ツイート

大器の片鱗というよりも、すでに大器の輪郭がはっきりと見えている。シンガーソングライター琴音。2002年生まれ、17歳、高校3年生。「Eggs presents ワン!チャン!!」グランプリ、テレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」グランドチャンプ獲得という華々しい経歴を引っ提げ、2019年3月6日、E.P.『明日へ』でメジャー・デビュー。一度聴いたら忘れないその声は凛として強く深い包容力を持ち、少女と大人の境を超え優しい雨のように心に沁み通る。8月7日、1stシングル「今」をリリース。この声は、あなたの中に眠る本当の気持ちを呼び覚ます。BARKS初登場インタビュー。

■思ったより嫌な気がしないで表現ってできるんだと思ったので
■また作ってみようかなと作ったのが今も続いています


──今、高校3年生ですか。

琴音:はい。3年になりました。

──大学行きます?

琴音:大学は、今は考えてないですね。

──じゃあ、音楽に就職だ。

琴音:でも今は自分に知識がなさすぎるので音楽を学べる学校のことも多少考えてます。

──周りの友達は、どんな感じですか。やりたいことが決まってる人とか、とりあえず進学してから考える人とか。

琴音:大学を目指している子は今の時期は“昨日10時間勉強した”と言っていますね。でも自分の周りには、やりたいことが決まっていて専門学校を目指す子もけっこう多いです。鉄道が好きだからJRを目指すとかアクセサリー系に行きたい子とか映像をやりたいと言ってる子もいますし。鉄道が好きな子は四六時中、山手線の路線図や時刻表をずっと見てるとか。それは試験に出るのかただ好きで見てるのかわからないですけど(笑)。

──好きこそものの上手なれ。琴音さんは早くから歌手になると決めていたんでしょう。

琴音:そうですね。実現するかどうかわからないけど、夢を持ってるというレベルだったら、童謡を歌っていたぐらいの年齢から思っていました。

──すごくいい声ですね。豊かな包容力を感じる、ぬくもりのある声。それは声変わりする前から…女子は声変わりしないか。

琴音:年齢的にもその年にしか出ない声はあると思うので、徐々に変わって来てるとは思うんですけど。基本的にはずっとこんな感じだと思います。

──自分の声ってどう思っていますか。特徴があると思う?

琴音:どうですかね。17年ぐらい付いてるものなので(笑)。あんまり意識はしないですけど。たとえばラジオ収録に行くと“落ち着く声ですね”とか褒めていただいたりします。

──専門的に歌を習ったことはないですか。

琴音:一時期、人に慣れるという意味で合唱団に入っていたことがありました。今はある程度慣れてきたんですけど、昔は本当に恥ずかしくて人に話しかけることができない人間だったので親がすごく心配して、歌が好きならそこで人間関係が良くなるんじゃないか?ということで合唱団に入って。実際そこで人に心を開けるようになったと思いますね。自分が小3で入った時、小1から高3ぐらいまでの幅の子がいたんですけど、先輩方は優しくしてくれて小さい子はなついてくれて。部活のほうが忙しくなって3年ぐらいでやめてしまったんですけど、すごく楽しかったなと思います。

──言い方は固いけれど。音楽に救われたというところがあるのかしら。

琴音:もちろんです。何かと、頑張らなきゃいけないと思う原動力は音楽だったと思います。人付き合いにしても勉強にしても。

──具体的に、誰の影響を受けた人はいるのかな。

琴音:最初は親の影響が大きかったと思います。父がギターを弾いて歌を歌う人で母はピアノを弾くので、保育園で覚えてきた曲を歌っているとすぐ弾けちゃうんです。夜になると父がずっとギターを弾いていて音楽ができる部屋があるんですけど、そこに入って行って父がギターを弾いてるのを聴きながら寝るということがよくありました。その時に、父が作った曲を聴かされて歌詞も眺めていたりしたので。父がMr.Childrenがすごく好きだったので、私も聴くようになったりとか、そういう影響はあったと思います。母はジャズのほうなんですけど、英語がわからないのでそっちの曲はあんまり知らないんです。


──作詞作曲は小さい頃からやっていた。

琴音:中2ぐらいですね。それも親の影響があって、小学校の卒業祝いに連れて行ってもらったスナックで歌わせていただけるようになったのがライブ活動をするようになったきっかけなんです。だいたい前座で出させていただくんですけど、出演者の方々はシンガーソングライターやバンドの方ばかりで、当たり前のように自分の曲をやってらっしゃるので、すごいなあと思いながら見ていたんですね。自分にはできないと思ってたんですけど、父も曲を作っているし、母に“曲を作ってみたら?”と言われたり、自分の曲が作れないやつはダメだみたいなことを母の友達がSNSで言ってきたり。

──何ですかそれ。

琴音:母が友達とそういう議論をしているのを見せられたんです。その時は半分嫌味だと思いましたけど(笑)。でも歌がある程度歌える人なんてそこら中にいるし、自分よりうまい人もたくさんいるので、それ以外で自分らしさを出して行くには曲を作っていくに限ると言われて、それはそうだと思ったので。最初は父と相談しながら作っていました。

──最初に作った曲って覚えていますか?

琴音:最初に作った曲は、メジャー・デビューの前に出した『願い』というミニ・アルバムに入っている「大切なあなたへ」という曲です。あれを作ってみて最初はやっぱり怖いなと思いました。

──怖い?

琴音:自分の内情というか思っていることを発信するわけなので。今まで思ってることをあんまり周りに出してこなかったというのもありますけど、否定されるんじゃないか?という怖さがありました。でもいざ作ってみたら、“微笑ましい”とか“いいね”とか言ってもらえて、思ったより嫌な気がしないで表現ってできるんだと思ったので。また作ってみようかなと思って作ったのが今も続いています。

──「大切なあなたへ」って、確かお母さんに向けた曲でしたっけ。

琴音:そうです。

──やっぱり最初は、お母さんのことを歌いたかった。

琴音:そうですね。ずっと送り迎えや家での練習を一緒にやってくれて。ギターを弾いてない頃は母にピアノを弾いてもらって一緒にステージに上がってもらったり。母は仕事をしていたので、すごいハードスケジュールだったと思うんですけど、私のこともやってくれてすごくパワフルな母なんです。それだけさせてるわけだから、日頃の感謝を伝えようと思って書きました。

──曲を聴くと、この人は文学好きだろうなと思ったんですね。文語っぽい言葉や哲学的な言葉も普通に歌詞に使うし。

琴音:言葉はけっこう好きです。人付き合いがあまり得意ではなかった頃は本が友達みたいな感じだったので。小学校では走ったら数秒で着くくらい図書室にが近かったので、休み時間のベルが鳴った瞬間に走っていました。走って行って定位置があって、ここにいると落ち着くみたいな、クッションがふわふわな場所があったんです。そこへ行って本を読んでいました。友達が一人二人できたあとも、同じようなことをやっていましたね。二人で同じクッションに座って別々の本を読むみたいな。

──何かいいシーンだなあ。やっぱり文学少女だ。

琴音:いえいえ(笑)。中学生ぐらいになると、気持ち的にも中途半端な時期で、もやもやしたりとか自分の中でいろいろ考えてしまったりとかが多かったので、それを歌に出していくことが多かったと思います。今は高校生になって古典もやるようになったのでその影響もあるのと、現代文でも難しい本も読めるようになったので、なおさらいろいろ考えられるようになりました。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報