半崎美子、池袋・ウイロード地下通路で撮影した「一緒の星」MV

ツイート

半崎美子が、2ndミニアルバム『うた弁2』(8月7日発売)から新曲「一緒の星」のミュージックビデオを公開した。

◆「一緒の星」ミュージックビデオ

同曲は、令和という新時代を迎えるにあたり、半崎が希望と祈りを込めて平成最後の日に書いたナンバー。ミュージックビデオは池袋・ウイロード地下通路にて撮影された。その理由は、半崎のコンサート美術も手がける美術作家・植田志保が、池袋東西まちづくりの掛け橋(ウイロード)再生プロジェクトとして同所の壁面描画に取り組んでおり、人と人、時代と時代を繋ぐ歌詞の内容とその取り組みの目的がぴったりと合ったからだという。

植田は「色が生きているという、そもそもの概念のなか、日々の自問自答の一歩一歩の繰り返しから学んだことが、一手一手になっていくように、営みとしておこなってきた制作が、豊島区 ウイロードという戦前の厳しい時空を宿したかけがえのない場所で、再生に挑戦中の、いま。半崎美子さんの「一緒の星」が届きました。人が生まれ出て死ぬことが自然なことなんだ と包まれるようでした。いま、この地球で、目覚め、営むすべてのひとへ、一瞬一瞬、この手で考え足で想い、生きるひとへ。透明な巡りとして、この歌が存在することをしあわせにおもいます。半崎美子さん史上、さいこうに、瑞々しく、たった今の瞬きが、果てしなく明るくさいこうに大好きです。」とコメント。

半崎は「時代を作ってきた先人達の軌跡。「いま」 私達はその舳先にいるということ。それは共に生きているのと同義です。豊島区の取り組みと、ウイロードを手当てするように描かれる志保さんの色に、この歌が出逢えた事は必然のような気がしています。お陰で、過去、いま、未来を愛しく包容するような作品になりました。」とコメントを寄せた。



なお、8月7日(北海道)と10日(埼玉)には『うた弁2』のリリース記念イベントが開催される。10日のイベントにはスペシャルゲストとして天童よしみが参加する。

リリース情報

2nd Mini Album『うた弁2』
2019年8月7日(水)発売
CRCP-40584 ¥2,037+税

[収録曲]
一品目 一緒の星
二品目 次の空
三品目 母へ
四品目 明日を拓こう
五品目 時の葉
六品目 灰汁
七品目 明日への序奏
おかわり お弁当ばこのうた〜あなたへのお手紙〜 合唱ver.

リリースイベント情報

<半崎美子「うた弁2」発売記念ミニライブ&サイン会>
2019年8月7日(水)
北海道・パセオ センターB1F テルミヌス広場
16:00〜

<半崎美子39ツアー 〜感謝の根〜in AEON MALL 「うた弁2」発売記念 ミニライブ&サイン会>
2019年8月10日(土)
埼玉・イオンレイクタウンkaze 1階 光の広場
14:00〜
スペシャルゲスト:天童よしみ

コンサート情報

<半崎美子オーケストラコンサート2019 with 東京ニューシティ管弦楽団>
2019年10月14日(月・祝)東京・東京芸術劇場

<半崎美子「うた弁2」発売記念コンサートツアー2019>
2019年
11月10日(日)大阪・NHK 大阪ホール
11月14日(木)東京・Bunkamura オーチャードホール

この記事をツイート

この記事の関連情報