バイセップ、ミッドランドを見出してきた、名門レーベル“!K7”のヘッドA&RにしてDJ Kicksのキュレーター、ウィル・ソウル来日

ツイート

そのセンスの良さに定評のあるレーベル、Aus MusicとSimple Recordsの主宰にして多くの才能を発掘、人気ミックスシリーズ『DJ Kicks』をキュレートするなど、常にシーンの最前線で活躍してきたウィル・ソウルが、9月13日に表参道VENTに初登場する。

ウィル・ソウルは、Aus MusicとSimple Recordsの2つのレーベルを運営し、カール・クレイグ、ピアソン・サウンド、レオン・ヴァインホール、アクトレスなどの作品を含む150を超えるリリースをしてきた。その中にはジョイ・オービソン、バイセップ、ミッドランド、ジョージ・フィッツジェラルドなどがおり、彼らのブレイクスルーを手助けしてきたのだ。

天性のA&Rの才能を発揮し、名門!K7レーベルではA&Rのヘッドを努め、多くの素晴らしいアーティストと契約、数々の著名DJが参加してきた『DJ Kicks』シリーズをキュレートしてきた。現代のエレクトロニック・ミュージックにおいて、エキサイティングなアーティストを発掘してその活動をブーストさせてきた、貴重な存在と言っていいだろう。

DJとしてもロンドンのThe EndやアムステルダムのStudio 80、そしてレーベルとしてもロンドンのFabricといった世界的なトップクラブでレジデントをつとめてきた。BBC Radio 1の名物ミックス番組『Essential Mix』や『DJ Kicks』へもミックス作品を提供するほどその人気と実力は折り紙付きだ。

20年にわたって、エレクトロニックミュージックの最前線で活躍しているトップ・アーティストがプレイするサウンドは、いま最もカッティングエッジな音楽体験を味わうことができるだろう。


<- Will Saul at House Not House ->

2019年9月13日(金)表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,500 / FB discount : ¥3,000 ADVANCED TICKET:¥2,500
https://jp.residentadvisor.net/events/1296734

■ROOM1
Will Saul (Aus Music)
Frankie $ × Datwun (House Not House)
Knock (Sound Of Vast / KEWL)
shunhor (breathless)

■ROOM2
Thibaud & Thibault
Good People’s Club (TCR)
DJ HEY (FOR 4 KICKS)
Negative Cloud (EUREKA & Pico)
The Antoinettes

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

◆VENT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報