フェンダー、ダフ・マッケイガンのシグネイチャーモデルを国内販売開始

ツイート

ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)のアーティストシグネイチャーモデル「Duff McKagan Deluxe Precision Bass」の国内販売が8月10日より開始。Winter NAMM 2019で発表されたモデルがいよいよ登場となる。


▲Duff McKagan Deluxe Precision Bass, White Pearl

▲Duff McKagan Deluxe Precision Bass, Black

「Duff McKagan Deluxe Precision Bass」は、ダフ・マッケイガンガンズ・アンド・ローゼズの『Appetite For Destruction』のレコーディングで使用した、80年代のJazz Bass Specialをベースにしている。彼のシグネイチャーとなった同モデルを進化させた今回の新モデルは、演奏しやすい機能性に、ダフが求めるスタイリッシュさを兼ね備えている。


ボディはアルダー材を使用。ブラックのヘッドストックには“DELUXE JAZZ BASS SPECIAL”のロゴをあしらったモダンCシェイプのメイプルネックを採用。12フレット目のインレイには「12」の刻印が施されている。ダフの多彩なライブパフォーマンスに欠かせないHIPSHOT BASS XTENDERは、レバーを弾いて瞬時にドロップチューニングが可能だ。


▲指板には「12」の刻印。ネックプレートにはダフスカルアンドクロスボーン。ヘッドにはドロップチューニングに一瞬で切り替えられるHIPSHOT BASS XTENDERを搭載。


ダフのシグネイチャーサウンドは、フェンダーのヴィンテージスタイルのPrecision Bassスプリットコイルピックアップと、ブリッジにSeymoure DuncanのSTKJ2B Jazz Bassシングルコイルピックアップ 、さらにフェンダーTBX(Treble / Bass Expander)トーン回路を組み合わせることによって、迫力のある明瞭なトーンを作り出す 。Pure Vintage ’70s bridgeを採用し、ダフスカルアンドクロスボーンのネックプレートが独自のルックスを演出。デラックスギグバッグが付属する。



製品情報

◆Duff McKagan Deluxe Precision Bass
価格:150,000円(税別)
発売日:2019年8月10日

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報