【祝・新作発売コラム】スリップノット、マスクで紐解く衝撃の歴史

ツイート


闇のサーカス集団。99年にセルフ・タイトルを冠した1stアルバム『SLIPKNOT』のジャケに映ったメンバー9人の姿は、まさにそんな印象であった。グロテスクなマスクと真っ赤なジャンプスーツに身を包み、聴覚と視覚からダブル・ショックを与え、メタル/ラウド好きを一瞬で虜にした彼ら。音楽性もさることながら、そのマスクの衝撃は今なお揺ぎないアイデンティティとして常に話題をさらっている。本稿ではバンドのキー・ビジュアルでもある「マスク」にフォーカスを当てて、彼らの歴史を追っていきたい。

95年に米アイオワ州デモインで結成されたスリップノットを瞬く間に印象づけたマスクは、コリィ・テイラー(Vo)の提案で映画『ハロウィン』の殺人鬼ブギーマンにヒントを得たそうだ。頭からドレッドヘアが数本飛び出したコリィ・テイラー、顔面にぴったり張り付いた黒ゴムのジム・ルート(G)、黒い鉄仮面のミック・トムソン(G)、豚マスクのポール・グレイ(B)、白塗りマスクのジョーイ・ジョーディソン(Dr)、ハリネズミ・ヘルメット頭のクレイグ・ジョーンズ(サンプラー)、天狗マスクのクリス・フェーン(パーカッション)、ピエロ・マスクのショーン・クラハン(パーカッション)、ガスマスクのシド・ウィルソン(ターンテーブル)と個性豊かなマスクがずらり。ポップだが不気味というギャップを孕んだビジュアルは音楽面との親和性も高かった。ちなみにこの1stアルバムの頃は豚マスクがよりリアルな豚に変貌したり、ガスマスクの色違いもある。

▲スリップノット(1stアルバム『SLIPKNOT』ver.1)



▲スリップノット(1stアルバム『SLIPKNOT』ver.2)





そして、グラインドコア、デス・メタル、ブラック・メタルなどアンダーグラウンドなメタルの要素を積極的に取り入れ、過激化を推し進めた2ndアルバム『IOWA』を01年に発表。この頃になると、悪魔の象徴とされる逆五芒星(ぎゃくごぼうせい/ペンタグラム)が刻印され、より凶暴化したピエロ・マスクが目に止まる。また、シェイプ化を図ったハリネズミ頭、白塗りマスクから血が垂れていたり、豚マスクは口の部分がなくなるなど、より猟奇性に拍車をかけたビジュアルもインパクト大であった。

▲スリップノット(2ndアルバム『IOWA』)






その後は度重なるツアーにより、メンバー間の不和が報じられ、解散説も飛び出したものの、無事に3rdアルバム『VOL.3:THE SUBLIMINAL VERSES』を04年に完成させる。リズムをより強化し、コリィ・テイラーの別バンドであるストーン・サワーの影響も大きいのか、メロディアスな側面が急浮上。マスクについてはフロントマンのコリィに変化が生じている。溶けたような皮膚に大胆な縫い口が施した、おどろおどろしいマスクとなった。さらに血糊が付いた包帯ピエロや、シンプル化した豚マスク、ガスマスクというよりメカニカルなサイボーグ風マスクなど、小さなリニューアルが目に付く。

▲スリップノット(3rdアルバム『VOL.3:THE SUBLIMINAL VERSES』)





そして、4thアルバム『ALL HOPE IS GONE』においてはアコギを用いた壮大なナンバー「Snuff」に顕著だが、より歌メロに軸足を置いた曲調が増えていった。この頃は再びコリィに変化があり、長髪から短髪へ、目と口だけが強調された無機質なマスクを被っている。また、血糊の包帯から黒革ピエロと変質しているところも注目だ。

▲スリップノット(4thアルバム『ALL HOPE IS GONE』)






◆コラム(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報