【対談】Psycho le Cému × メリー、「歌で黙らせたい。ドーンと持っていきたい。バラードやりましょ」

ツイート

■良いことも悪いことも経験しているんで
■今が一番、地に足がついている

──ジェラシー、ありますから。

DAISHI:うん。だから当時、TRANSTIC NERVEとはバッチバチやったかもしれない、僕のなかだけで。向こうはhideさんに見いだされてますから、僕らのことは眼中にない感じでした。ほんとにすごかったですから、演奏力も歌唱力も。今はdefspiralってバンド名でやってますけど、ライブを観ても、やっぱすごい。実力派のバンドっていう。

ガラ:そうですよね、舞台慣れもしていて。

DAISHI:たまにTAKA (defspiral / Vo)くんのソロと、僕はアコースティックでライブをやったりするんですよ。“うまいな”と思いますよ、彼は。僕とは正反対のボーカルなんですよ。向こうは男の色気が出てるじゃないですか。俺、一生出ないんです(笑)。

ガラ:うらやましいですよね。僕も色気がない。TAKAさんと一度、アコースティックライブを一緒にやらせてもらったんですけど、立っているだけでカッコいい。そして、あの歌声で。もう、自分はどうしようと。次が僕の番だったんで、TAKAさんにないことをやろうと思って、めちゃめちゃしゃべりに走って。だって、しゃべるしかないじゃないですか(笑)。TAKAさん、持って生まれたものからしてズルいなと。

▲メリー

DAISHI:TAKAくんは渋いおじさんになっていく感じだけど、俺、ずっとおばさんなんですよ(笑)。このままおばさんになっていくのかなって。彼の低くて太い声と、あの見た目。今でも憧れがありますね。ほんと、嫌いでしたね(笑)。いい意味でね。

ガラ:それこそライバルですよ。

DAISHI:こういうこと言ってたら、TRANSTIC NERVE時代のRYOくんは「俺はもっと嫌いやったわ」と言ってましたけどね(笑)。「Psycho le CémuがMステとか出たとき、めっちゃ嫌いやったわ」と(笑)。そう思ってもらえてたのなら、“なんか、いいな”って。

──認め合っているから、嫌いって感情も生まれるわけですからね。

DAISHI:うん。でもPsycho le Cémuでは、TRANSTIC NERVEと一度も対バンしてない。めちゃくちゃ意識してたから(笑)。

ガラ:その意識からですか(笑)。

DAISHI:そうそう。姫路にはMASCHERAもいて、僕が音楽を始めるきっかけにもなった憧れのバンドなんですよ。

ガラ:MASCHERAは僕もめちゃめちゃ聴いてましたね。ラジオとか聴いていたら、DAISHIさんがMASCHERAのmichi.さんとタメ語でしゃべってたんですよ。先輩なのに大丈夫なのかな?って心配もしちゃって。僕らの世代はガッチガチの体育会だったから。

DAISHI:家族も含め、前からずっと仲が良かったの。それで姫路文化センターのMASCHERAのライブに誘われて、Lida君と一緒に行って。観たら、やられたね。カッコよかったな。そこからMASCHERAをめちゃめちゃ聴いた気がする。それでMASCHERAが参加しているオムニバスアルバムを聴くと、MALICE MIZERさんや覇叉羅-vasalla-さん、Laputaさん、La'cryma Christiさんとか。それでいろいろバンドを知ったり。「そういうオムニバスに、自分らの地元のMASCHERAが入っているのはすごいな」とか言ってたら、その5年後、Psycho le Cémuがそのオムニバスに入って。

ガラ:へぇー!

DAISHI:少年の夢も、強く思うと現実になるんだなって。

ガラ:音楽をやっていて、そういうのって夢がありますよね。最近は、現実を見ると夢がないのかなって思うこともありますけど。でも長く活動していると、良いことも悪いことも経験しているんで、逆に今が一番、地に足がついていると思う。

DAISHI:確かに! 俺もそう思う。

ガラ:だから若い世代のバンドから対バンに誘われたとき、おもしろそうだからやってみようって、そういったフットワークの軽さもあったりするんです。

▲ガラ [Vo / メリー]

DAISHI:今のヴィジュアル系シーンでやっている若いバンドのほうが、僕らのときより好きなんだと思いますよ、このシーンを。僕らのときは、LUNA SEAさん、GLAYさん、X JAPANさんとか最高に売れているときやから、バンドをやりたいと思うのが当たり前のような時期でもあったんですよ。最近の若い子らは、その時期を知らないでやろうとしているわけでしょ? そっちのほうがコアに好きなんかな、と思う。僕らのときは、バンドやって“売れたい”ってのがありましたから。

──インディーズのその先には、メジャーデビューがあって、そして売れるという目的と目標が。

DAISHI:そう。今は、ヴィジュアル系の人らがテレビにバンバン出て、ミリオンヒットを飛ばしているような状況ではないじゃないですか。それなのにこのシーンでやろうと思う子のほうが、ハートが……。

ガラ:強いなって思いますね、確かに。僕らは、普通の仕事もできないし、音楽とかバンドで一発かましてやるんだ、みたいな。これしかないって思ってましたから。テレビで観たあの人達みたいに、自分もなるんだと。市販されていたライブビデオなんか観ると、D'ERLANGERのCIPHERさんとか、スポーツカーで会場に乗り付けて、鍵をポーンとスタッフに投げていくみたいな。

DAISHI:はいはい(笑)。その映像が目に浮かびます。

ガラ:LUNA SEAのメンバーも車で会場に乗り付けて。うわ〜、カッコいいなって。いつかはこうなりたいな、みたいな。そういう夢があってやってました。今、現実はそうなれてないけど(笑)。最近は、ちょっと頭のいい子というか、大学とかまで進学してバンドやっている子もいますからね。自分らのころとは時代が変わってきたなって感じます。

DAISHI:僕らのころはSNSもなかったもん。MERRYのチラシ一発ドーンで、「なんじゃ、このバンドは!?」と。それでCDを買い漁るっていう時代やったと思う。今はYouTubeとかでライブを観れるもんね。

ガラ:ですよね。僕らのころは探して調べて、それで行ってたから。

DAISHI:この前、自分らが入った当時のオムニバスを聴いて、悲しいなと思ったことあって。

ガラ:はい……?

DAISHI:残っているバンドがMUCCと僕らだけやった。一番憧れたMASCHERAが参加したオムニバスに関しては、1バンドも今は残ってなかった。いや、だからバンドって長く続けるのは、わりと宝塚に近いくらい狭き門なのかなと思ったんですよ。

◆対談【3】へ
◆対談【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報