K.K.ダウニング、10年ぶりにステージに立ち、ジューダス・プリーストの曲をプレイ

ツイート

週末(8月11日)、英国で開かれたヘヴィ・メタル・フェスティバル<Bloodstock Open Air>で、元ジューダス・プリーストのギタリスト、K.K.ダウニングが約10年ぶりにステージに立った。彼のライブ・パフォーマンスは、ジューダス・プリースト脱退前、2009年10月17日に日本で開催された<LOUD PARK 09>以来だった。

◆<Bloodstock Open Air>画像、動画

ダウニングは、ロス・ザ・ボスのパフォーマンスにゲスト出演。ショウ後半に登場し、ジューダス・プリーストのヴァージョンが有名なフリートウッド・マックの「The Green Manalishi (With the Two Prong Crown)」、ジューダス・プリーストの「Heading Out To The Highway」「Breaking The Law」「Running Wild」の計4曲をプレイした。

ダウニングはパフォーマンス後、「ちょっと混乱したな」と『The Unchained Rock Show』に話している。「ヘリコプターからバンジー・ジャンプで落下したみたいな気分だ(笑)。着地してから20秒後には、自分がどこにいるか把握し、その時点からは大丈夫だったけどね」









ダウニングがこれを機に、ライブ活動を再開するのかはまだ不明。ただ、彼は最近、ジューダス・プリーストが来年開催する50周年記念ツアーには誘われていないと話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報