清春、雑誌『ROCK AND READ 085』表紙巻頭に登場

ツイート

8月28日に発売される雑誌『ROCK AND READ 085』の詳細が明らかになった。表紙巻頭には清春が登場している。

読むロックマガジンこと『ROCK AND READ』最新号の表紙巻頭をつとめるのは、デビュー25周年を迎えた清春。なぜ、彼は25年もの間、他と混じらず、孤高のカリスマとしてシーンに君臨し続けられるのか。誌面ではその秘密をこれまでの数々の「伝説」から紐解いていく。また、自身のキャリア初のカバーアルバム『Covers』の全曲解説も掲載される。

そのほか、アメリカを焦点にあて活動中のHYDEの日本ツアー、ヴィジュアル系を彷彿とさせるライブ動画で話題になった氷川きよしのデビュー20周年コンサートのライブレポートや、結成20周年記念のコンプリートボックスをリリースした蜉蝣の大佑の2004年の生い立ちインタビュー再録+蜉蝣のマネージャーだった藤本大史現FWD代表取締役のインタビュー、バンド名を「A9」から当初のものに戻した「アリス九號.」の将の最速インタビュー、手術のため休止していたライブ活動をバンドの結成記念日に再開したvistlipの智の復帰インタビューなどを掲載。いつも以上にドラマチックな、濃い1冊となっている。


『ROCK AND READ 085』

2019年8月28日発売
A5判/224頁/本体価格1,200円+税
ISBN:978-4-401-77181-3

cover : 清春
将(アリス九號.)
Ta_2×YORKE.(OLDCODEX)
桜井青×小林写楽(ヘクトウ)
長谷川正(Plastic Tree)
智(vistlip)
Natsu(NOCTURNAL BLOODLUST)
奏多(ぞんび)

live report : HYDE、氷川きよし
archive interview:大佑(蜉蝣)feat.蜉蝣元マネージャー藤本大史
この記事をツイート

この記事の関連情報