【インタビュー】BiS、ついに白日のもとにさらされた第3期BiSの激しすぎる個性

ツイート

第3期BiSがアルバム『Brand-new idol Society』をリリースした。Twitterのフォロワー数が1万5000人に達するまで素顔の公開を禁じられ、赤目に鼻血のアーティスト写真が話題に。アルバムのリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」もモザイクがかかったミュージックビデオがアップされるなど謎めいていた5人のリアルな姿が目標達成でこの夏、ついに白日のもとにさらされた。第1期BiS、第2期BiSの使命を引き継いで走り出した彼女たちのいまの心境を聞くとともにアルバム収録曲についてインタビュー。自分たちのことを“素人”と言い切りながらも、各自個性がはみ出しているのはやはりBiSブラッド? アイドルファンとロックファンのボーダーラインを消滅させる活躍に期待したい。

■最初は赤目だけだったんだけど鼻血も追加でって(笑)
■こんな組み合わせなんて誰もやってないから嬉しかった


──第3期BiSとして始動したばかりということで、まずは自己紹介からお願いします。

チャントモンキー:私はチャットモンチーさんがすごく好きだったので、それっぽい名前にしてほしいと相談したら、チャントモンキーになりました(笑)。

──かなり、まんまですね。学生時代にバンドをやっていたとか?

チャントモンキー:はい。ギターを弾いていました。文化祭に何回か出たり。自分の性格はよく食べることかな?(笑)。

マナコ・チー・マナコ:BiS自体、けっこうよく食べるんですよ。私はアイドルというより音楽が好きでバンドでベースを弾いていました。

──プロフィールに戸川純さんが好きだと書いてあって驚きました。親御さんが聴かれていたぐらいの世代ですよね?

マナコ・チー・マナコ:ニューウェーブがすごく好きなんです。平沢進さんとかも好きなんですけど、アーティストさんが聴かれていた音楽を掘り下げていくのが楽しくて辿り着いた感じです。


──マニア気質ですね。ネオ・トゥリーズさんは?

ネオ・トゥリーズ:自分の性格は暗いほうだと思います。学生時代からクラスメートとほとんどしゃべったことがなくて、ものごとにも興味がなかったんですけど唯一好きだったのが音楽なんです。BiSHを好きになったのがきっかけでWACKを知って、いまは性格を変えられるよう頑張っています。

──ネガティブな方向にものごとを考えてしまうタイプなんですか?

ネオ・トゥリーズ:それもありますし、学校では勉強する意味とか、ずっとつきあっていくわけではないのに誰かと関わる意味がわからなかったんです。いまは好きなことをやっているので関わっていきたいなって。

マナコ・チー・マナコ:最初は聞き役でしたけど、最近はふざけたり大きな声を出すようになって変わってきましたね。

イトー・ムセンシティ部:私たちの前だから、ふざけたりできるようになったのかなって。どんどん明るくなってきました。

──トギーさんは特技に早着替えって書いてありますが。

トギー:そうですね。性格は元気です。早着替えはよく急いでいたので。

──どういうときに?

トギー:学校に行くときとか。要するに準備が遅いんですけど、早着替えしたら時間が短縮できるなって。

──(笑)ライブで活かせますね。ネオ・トゥリーズさんとは対照的な性格?

マナコ・チー・マナコ:トギーは根拠のない自信があるタイプなので、私たちをその前向きさで引っ張ってくれる感じですね。


▲マナコ・チー・マナコ

──イトー・ムセンシティ部さんは名前も気になります。

イトー・ムセンシティ部:名前はプロデューサーの渡辺(淳之介)さんにつけていただいたんですけど、私だけ“部”って漢字がついているので、名前を発表したときも“ひとりなのに部ってなに?”っていう反応でした(笑)。性格はネオと似ているかもしれないけど、自分に自信がない。ただ人としゃべるのは好きなんですよ。面白い情報が入ってくるから。でも、うまくしゃべれているのかは自信がないです。

トギー:たまに何を言ってるのかわからないときがあります(笑)。

──ははは。みなさんはWACKオーディションの2,000人の中から選ばれた5人ですが、デビュー目前(取材時)のいまの心境は?

イトー・ムセンシティ部:プレッシャーはすごくあるよね。

マナコ・チー・マナコ:最初はワクワクしていたし、フワフワした感じですごく楽しみだったんですよ。でも、いろいろなことを経験するうちに、だんだん現実味を帯びてきて心境も少し変わってきましたね。全国各地のタワーレコードさんを廻らせてもらったんですけど、期待を感じるときもあれば厳しい言葉をいただくときもあって、ワクワクがありつつ「これから頑張らないといけないな」って焦りも感じています。

イトー・ムセンシティ部:不安感が芽生えてきていますね。

トギー:自分たちが思う以上に時間が速く流れていってる感じがして。

ネオ・トゥリーズ:いろんな人たちと接しないと成り立たない仕事なので、プレッシャーはありますね。


▲ネオ・トゥリーズ

──オーディションの要項には「第1期BiSの活動が理解できる方」と書かれていたということですが、そこには日本武道館ワンマンライブという当初のBiSが掲げていた目標も含まれているんでしょう?

マナコ・チー・マナコ:そうですね。1期、2期で築き上げてきたものを引き継いで大きくしていかなきゃっていう。

──最初に公開された赤目、鼻血の写真を撮ることになったときはどう思ったんですか?

イトー・ムセンシティ部:あの写真は曲をレコーディングする前に撮影したんですけど、“いつもと違う感じにしたいよね”っていう意見が出る中、“じゃあ、赤目にしちゃおうか”って。その場のノリなんです。

マナコ・チー・マナコ:最初は赤目だけだったんだけど、鼻血も追加でって(笑)。

トギー:面白かったですね。“そう来たか”って。

チャントモンキー:赤目と鼻血の組み合わせなんて誰もやってないだろうから嬉しかったですね。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報