【インタビュー】倉木麻衣、20周年記念アルバム完成「音楽と結婚している感じです」

ツイート

デビュー時の初々しさと瑞々しさを湛え、ひたむきな音楽への思いを重ね続ける。デビュー20周年に突入しながらも、未だ新人のようなキラキラした瞳で音楽への思いを語るのが、倉木麻衣というアーティストだ。

◆倉木麻衣 画像

一点の曇りなく純粋さをそのままに、歌から元気をもらい、歌で元気を振りまき、ライブで感動を共にする。「音楽と結婚している」ようなものと自ら語る倉木麻衣の新作『Let's GOAL!〜薔薇色の人生〜』は、5つの大陸をイメージした普遍的でスケールの大きい作品となった。

   ◆   ◆   ◆

■本当に歌手になって良かったな
■って思える瞬間でもあります

──アルバム制作において、20周年を強く意識しましたか?

倉木:今お伝えしたい思い……今の倉木麻衣の感じている思いをアルバムにしたいという気持ちが核となっています。これまでも、ジャンルを問わずにいろんな曲を発信してきたのは、たくさんの楽曲を楽しんでいただきたいという思いからで、今回も今作ってみたい楽曲やワクワクするような楽曲をたくさん入れさせていただきました。同時にファンの皆さんの思い……R&Bテイストの楽曲をもっと聴いてみたいっていう思いにもお応えするようなアルバムになっています。

──『Let's GOAL!〜薔薇色の人生〜』は、とてもバリエーションに富んでいますよね。

倉木:そうですね。カバー曲も入れさせていただいたり。今回ZARDさんの「負けないで」を収録したのは、音楽番組で「負けないで」を歌わさせていただいたのがきっかけだったんです。坂井泉水さんのファンの方から「ぜひこれからも、名曲「負けないで」をたくさんの方に広めてください」ってお話をいただきまして。

──倉木麻衣のファンではなく、ZARDファンからのリクエストもあったんですね。

倉木:そうなんです。そういう声をいっぱいいただいてすごく嬉しくて。「負けないで」は、学生の頃からカラオケですごく歌っていた大好きな楽曲で、たくさん勇気をいただいてきた曲なんです。今作のテーマが“Let's GOAL!” “エールを送りたい”というアルバムなので、アルバムに「負けないで」も入れさせていただきました。

──でも、誰もが知っている名曲中の名曲ですから、カバーすることにプレッシャーは感じませんでしたか?

倉木:プレッシャーというよりも、大好きな楽曲を歌って、まだ聴いたことことのない皆さんに“こんなにステキな楽曲があるよ!”って聴いていただきたい気持ちが強かったです。レコーディングもあっという間でした。ずっとカラオケで歌い続けてきて身体に染みついているし(笑)。

──ZARDファンからの「カバーしてほしい」という声が、ずいぶん背中を押してくれたんでしょうね。

倉木:そうなんです。ファンの方に受け入れてもらえてすごく嬉しかった。それがなかったらカバーしていなかったかもしれないですね。今回、私がイメージする「負けないで」を収録させていただいたんですけど、ありがたいことに、バックのオケも坂井泉水さんの楽曲作りやライブに携わっていたミュージシャンの方が作ってくださったんですよ。

──ZARDチームがそのまま?

倉木:はい。全くそのままではないのですが、かなり! なので、ほぼ歌声だけが私になっている形で発信させていただいているっていう(笑)。

──それは、ミュージシャン人生においてもメモリアルな出来事ですよね。

倉木:大好きな楽曲が倉木麻衣を通じて、改めて知らない方たちに発信されていくという“本当に歌手になって良かったな”って思える瞬間でもあります。ライブでも“こんなに美しい楽曲があるんだよ”っていうことが共有できるのが楽しみ。

──そんな『Let's GOAL!〜薔薇色の人生〜』初回盤には、5種類ものバリエーションがありますね。

倉木:はい。「負けないで」だけは別のディスクに収録されていて、2枚組になっています。

──5つのカラーがコンセプトになっているわけですが、さて、どれを買えばいいんでしょうかね?

倉木:ははは(笑)、5大陸がコンセプトになっているので、それぞれのイメージから想像いただければ(笑)。5大陸をイメージしているんですけど、特定な国に見えないように気を使いました。アジアと言っても日本も中国も入りますから、スタイリストさんと皆さんと打ち合わせしながらまとめていった感じです。「なんとなくこういうのはヨーロッパっぽいよね」とか。

──なるほど、意外と難しそうですね。

倉木:そうですね。同じ地球に暮らしている人類は“皆同じ”っていう気持ちでいるということと、私が伝えたいメッセージのひとつとして、SDGs (持続可能な開発目標)というものがあって。SDGsは、貧困をなくそうとか海の豊かさを守ろうといった17項目の目標を2030年までに解決しようというプロジェクトで、それがGOALs“Let's GOAL!”にもかけているんです。そういった思いもあるので、このアルバムで地球環境に対するメッセージが発信できたらいいなと思いまして。

──2030年はあと10年ですから、きっとあっという間でしょうね。

倉木:そうですね(笑)。それまでにその問題を解決しないと。ちりも積もれば山となるじゃないですけど、ひとつひとつそれぞれの意識と行動/アクションによって変えられると思うので、そういった思いを皆さんとこれからも繋いでいきたいという気持ちがあって、まずはなんとかしなきゃ。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報