氷川きよし、誕生日に大阪城ホールで20周年記念コンサート「命ある限り歌い続ける」

ツイート


デビュー20周年を迎え、両A面シングル『大丈夫/最上の船頭』と最新アルバム『新・演歌名曲コレクション9-大丈夫・最上の船頭-』が共にヒット中の氷川きよしが、42歳の誕生日を迎えた9月6日昼夜2回、大阪・中央区の大阪城ホールで<氷川きよし デビュー20周年記念コンサート~あなたがいるから~>と銘打ったコンサートを開いた。

デビュー20周年記念コンサートを7月11、12日の両日、東京・日本武道館で行い、2日間3公演で2万4000人を動員。今回の大阪は1日2公演で、合わせて1万6000人を動員。武道館公演では、ステージ上5メートルの高さまでリフターで上がっての歌唱シーンが話題を呼んだが、大阪城ホール公演でも同じくリフターに乗って5メートルまで上がりながら未発表曲「龍翔鳳舞」を歌ってオープニングの幕を開け、「氷川きよしが大好きな大好きな大阪城ホールでの初めてのコンサートに皆さま、ようこそお越しくださいまして、ありがとうございます。これまで20年間、いろんなところで歌わせていただきまして、この大阪城ホールでは事務所の先輩方と一緒に歌わせていただいたことはありますが、いつか一人でやりたいなと思っていました。今回の大阪でのコンサートは、サブタイトルを『あなたがいるから』にしましたが、なぜかと言いますと、『大阪のあなたがいるから氷川きよしがここまで歌ってこられた』というメッセージをこめたくてこのタイトルにさせていただきました。最後まで全力で魂をこめてやります!」とあいさつ。

[氷川きよしの写真(5枚)・記事の続きを読む (全日本歌謡情報センター)]

氷川きよし『大丈夫/最上の船頭』D・E・Fタイプ

2019年8月27日発売
「大丈夫」作詩:森坂とも / 作曲:水森英夫 / 編曲:石倉重信
「最上の船頭」作詩:松岡弘一 / 作曲:水森英夫 / 編曲:伊戸のりお

【Dタイプ】
COCA-17664 / 1,204円+税
C/W「あなたがいるから」
作詩・作曲:塩野雅 / 編曲:野中“まさ”雄一

【Eタイプ】
COCA-17665 / 1,204円+税
C/W「カシスソーダを飲みながら」
作詩・作曲:永井龍雲“編曲:萩田光雄

【Fタイプ】
COCA-17666 / 1,204円+税
C/W「きよしの令和音頭」
作詩:かず翼“作曲:桧原さとし“編曲:矢田部正



この記事をツイート

この記事の関連情報