【インタビュー】大城美友の恋は、どうもうまくいかないらしい

ツイート

沖縄県名護市出身のシンガーソングライター・大城美友。彼女の恋は、どうもうまくいかないらしい。パワフルな歌声と竹を割ったような性格ゆえに、明るく元気なイメージが強い大城だが、8月21日にリリースされる1stアルバム『MI-JUNGLE』には、実体験に基づいた生々しい言葉で恋にまつわる悲しみや苦悩を綴った楽曲が多数収録されている。

「いい恋をしてほしい」

アルバムを聴いて、素直にそう思った。恋も仕事も「ご縁」が重要。幸せをつかむための第一歩として、大城とともに縁結びのご利益があると名高い、東京・赤坂の日枝神社に参拝後、これまでの恋と恋愛観について話を聞いた。

  ◆  ◆  ◆

日枝神社 公式サイトより
日枝神社の主祭神である大山咋神様は、丹塗の矢に姿を変え賀茂川を下り、玉依姫に出会い子供をもうけました。自らの行動で良縁を結んだこの故事から、大山咋神様は縁結びのご神徳があるとされています。
また日枝神社の神様のお使いである猿は古くから「神猿(まさる)」と呼ばれ、魔が去る、何事にも勝るとして崇敬を集めてきました。神門、向拝下には夫婦猿の像が安置されています。猿は多産でお産が軽く、家庭、特に子供を大切にすることから夫婦円満、子育ての御神徳があります。また猿はエンとも読むことから縁に通じ、良縁、縁結びの御利益があると言われています。当社の縁結び守は大山咋神様の故事に倣い、丹塗の矢と神使の猿があしらわれています。
大神様のご加護のもと、縁結びのご祈願をお受け下さい。



■多分、常に恋を求めているんでしょうね

──暑いなか、外での取材にご協力いただきありがとうございました(取材日:8月中旬)。

大城美友(以下、大城):こちらこそありがとうございました。沖縄には神社がすごく少ないから、お参りに行くっていう経験がほとんど無くて。すごくいいきっかけになりました。

──良かったです。今日の取材は「恋愛」がテーマなので、まずはどんな人がタイプか教えてください。

大城:すごく幅広いです。年下は苦手で、上は60〜70歳くらいまで。デートのときに杖をついていると大変なので、杖が無くても大丈夫な方だったら何歳でもいけます。性格で言うとギャップのある方ですね。例えば、周りから「ものすごく変な人だわ」って言われている方にギュッときちゃって。私も変人なところがあるからだと思います。

──見た目のタイプは?

大城:なんでもありです。ゴリラ、猿、鳥、虎、ウサギ、なんでもいけます。

──相手を意識するのは、どんなとき?

大城:多分、常に恋を求めているんでしょうね。なんだかんだで。過去の悲しかった経験があるから、より良い男の人を見ると、優しいなあって思ったり、一緒に遊びに行きたいなあなんて思ったりします。

──そういうときは自分から連絡先を聞きますか?

大城:自分からいきます。「この人いい!」って思ったら。

──一目惚れが多い?

大城:多分、私、100%一目惚れなんでしょうね。この人のことをもっと知りたいって思っちゃうんです。ただ、そこから発展するってことは最近無かったです。



──初恋は?

大城:5歳です。保育園のときに、みんなに好かれてる男の子がいたんですね。その子にめちゃくちゃちょっかい出されてたんですけど、そのクレイジーさに惹かれて。でも、あの頃の私はちょっと控えめな子だったので遠くから見てるだけでした。好きっていうよりは惹かれてたって感じかな。小学校3年生のときにはリアルに好きな子ができて、その子にはめちゃくちゃアピールしてましたね。

──小学生のアピール方法、気になります。

大城:「一緒に帰ろう」とか「今日遊ぼう」とかですね。ちょっと手に触れて「触んな、恥ずかしい!」みたいなそういうことをやってました。あと、同じ時期に別の子も気になっちゃって、ほっぺたにチュッてやりましたね。結構積極的ですよね。そりゃ見事にキモいって言われまして、水で洗われました(笑)。

──小3で付き合っていた子たちって周りにいました?

大城:いました。あの頃って、ノートとかの端をちぎって書いた手紙を好きな人に投げてたんですよ。「好き。付き合って」って書くと、返事が裏に書かれて返ってくるんです。「いいよ」とか「無理」とか。あと、気になってる子の好きな人を知りたいから「好きな人教えて」「1位 2位 3位」って、名前を書き込めるようにして投げるんですけど、そうすると順位を書いて返してくれるんですよね。あのときは1番楽しかったな。

──うまくいく子たちもいたんですね。小3って早い。

大城:いましたけど、やっぱり子どものお付き合いで。遊びっていうか、あんまりよくわかってないじゃないですか。なのでパッと散るんですけどね。


──初めて彼氏ができたのは何歳のときですか?

大城:中学2年生のときでしたね。野球部で、笑顔が素敵で、みんなから好かれてる子で、ちょっと細身のタイプ。甘えん坊で、恥ずかしがり屋さんで、基本的に表に感情は出さない。で、みんなにいじられる、そういう子でした。

──付き合うことになったきっかけは?

大城:私、学校に行けてない時期があって、家にいたんですね。誰かから私の家の番号を聞いて、その子が電話してきたんです。「学校来いよ、何してるんだよ」って。家に来られても居留守使ってたら、壁を乗り越えて部屋に勝手に入ってきまして、そのときソーメン食べてたんですけど、勝手に食べられて。そういうところから始まり、電話もするようになって。これってもうお互い好きなのかなあって思ってたら「付き合おう」って言われて。中学2年生の終わり頃でした。

──お付き合いは、どのくらいの期間?

大城:3〜4年くらいです。

──その年齢で3〜4年って長いですね。沖縄の中高生ってどこでデートするんですか?

大城:私はちょっと特殊な恋愛をしてたので、彼とどこかに遊びに行くっていうのは無かったんです。イオンモールが唯一の遊び場でした。それか、家の近くのビーチか彼の家でしたね。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報