SEVENTEEN、<サマソニ>で初めて日本の夏フェスに出演。灼熱の会場をさらに熱く

ツイート


韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENが、8月17日に大阪・舞洲ソニックパーク(舞洲スポーツアイランド)で行われた<SUMMER SONIC 大阪 2019>で初めて日本の夏フェス出演を果たした。

◆SEVENTEEN 画像

気温が35度に届こうかという中、オーシャンステージのミキシング・コンソールの後ろまで埋めた15,000人の観客の前に登場したSEVENTEENは、全員が白のシャツに黒のパンツというモノトーンで統一し、日本初披露の最新曲「HIT」でステージをスタートさせた。

その後、「Oh My!」「Healing」の日本語バージョン、日本デビュー曲の「CALL CALL CALL!」などを含む全8曲をパフォーマンスし、灼熱の会場をさらに熱くした。



また、自らのコンサートでは普段通訳を介すMC部分を、ホシ、ミンギュ、ジョンハンらが日本語で行い、SEVENTEENの名前の理由を説明するなど、日本語の上達具合も披露した。

炎暑の野外ステージにて、夏フェスという自分たちのコンサートとはかなり違い若干アウェイ感もある環境のなか、汗まみれになりながらパフォーマンスを繰り広げるSEVENTEENには、大観衆から大きな声援が送られていた。

なおSEVENTEENは、10月、11月にワールドツアー<ODE TO YOU>の一環で来日し、4会場10公演を行う。

■SEVENTEEN<SUMMER SONIC 大阪 2019>セットリスト

1. HIT
2. Oh My!-Japanese ver.-
3. Healing -Japanese ver.-
4. CLAP
5. Call Call Call!
6. Happy Ending
7. Adore U
8. VERY NICE

■SEVENTEEN WORLD TOUR<ODE TO YOU>IN JAPAN

10月8日、9日 大阪城ホール
10月12日、13日、14日 Aichi Sky Expo (愛知国際展示場) ホールA
10月30日、31日 横浜アリーナ
11月7日、8日、9日 幕張メッセ国際展示場4-6ホール
詳細:https://seventeen-17.jp/statics/ode_to_you

この記事をツイート

この記事の関連情報