プロディジー、新しい音楽の制作開始

ツイート

今年3月にフロントマン、キース・フリントを喪ったザ・プロディジーが、スタジオに入り、新しい曲の制作を始めた。

◆ザ・プロディジー画像

リーダーのリアム・ハウレットは火曜日(8月20日)、器材を調整する姿をSNSに投稿し、「スタジオに戻り、ノイズを制作中。プロディジーの新曲を始める、ドッカ~ン」と報告した。 #theprodigy(ザ・プロディジー)、 #weliveforthebeats(ビートのために生きる)、 #weliveforever(俺らは永遠に生きる)、 #cantstoptherock(ロックは止められない)とのハッシュタグを付けている。



キース・フリントは3月4日、英国エセックス州にある自宅で死去。プロディジーは11月にニュー・アルバム『No Tourists』をリリースし、2月にオーストラリア/ニュージーランド・ツアーを終了、5月から北米ツアーを開催するところだった。

フリントが生前制作した最後のアルバムになってしまった『No Tourists』は、コンピレーション・アルバムも含め7枚目の全英1位を獲得した。

メンバーはフリントの死後、「鬱、依存症、自殺への衝動に悩んでいるのなら、1人で苦しまないで欲しい」と訴えてきた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報