【レポート】Que SakamotoのDJツアー日記「サウスアメリカ編・その7」

ツイート

みなさん、こんにちわ。<Huit Etoiles>のDJ/ProducerのQue Sakamotoです。今回はまだまだ続くサウスアメリカのツアー第七弾、アルゼンチンです。

■ドイツ料理が名物のバー“Avant Garten”にて
■念願のアルゼンチンデビュー!

アルゼンチン・ブエノスアイレスでのギグはドイツ料理が名物のバー“Avant Garten”でプレイします。ウルグアイ・モンテビデオからフェリーでブエノスアイレスに到着。プレイ時間まで時間がなかったので、すぐAvant Gartenへ向かいました。


ローカルDJとライブの間にプレイ。マネージャーのセバスチャンとディナーを済ませ、アッという間にプレイ時間となりました。前のDJがダークなダブ〜テクノよりのセットをしていたので、その流れでテクノ〜ディスコ〜ハウスをメインにプレイしました。お客さんもプレイ前までは踊っていなくて心配でしたが、いざスタートするとお客さんも段々と踊り始めてくれて、良い空気の中で楽しくプレイすることが出来ました。2時間セットだったので、アッという間に終了。ダークかつロックテイストな選曲がうまくハマり、みんな喜んでくれて大満足。疲れていたので、プレイ後はステイ先へ向かい就寝です。


翌日はレコード屋さんにてアルゼンチンの70s〜80sニューウェーブ、エレクトロニックの盤をゲット。探していた音楽と出会えて良かったです。アルゼンチンでは主にDigをメインに行動しました。ブエノスアイレスはかなり都会で、物価も高く感じましたが、街の雰囲気も素敵で思い出残るアルゼンチンデビューとなりました。ってことで、

「Thank u Avant Garten,Sebastian」


ブエノスアイレスからモンテビデオに戻り、グアテマラのギグまでゆっくり過ごします。街を散策したり、Digしたりして、楽しく数日間過ごしました。ここでもレアなレコードもゲットして満足。それにしても、今回のサウスアメリカは寒かったので、次回は暖かい時期に、また行けたら良いな……。マティアスやディエゴたちと一緒に過ごせた時間は幸せを感じました。ウルグアイはみんな暖かい人が多く、優しい人が多くて、素晴らしい国だなーって感じました。グアテマラのみんなありがとうございました! ってことで、

「Thank u Matias,Diego」

■湖の真ん前のベニュー
■Azul Rosaにて充実のプレイ

次のグアテマラまでのフライト。グアテマラは今回、2度目。クラブオーナーのChofoはプロデューサーとして、Fabio Me Llaman Soltero名義で数々のリリースもしていて、かなりカッコいいドラックメイカー兼DJです。グアテマラのシーンをリードする偉大な存在。そんなChofoが空港までピックアップしに来ててくれて、ホテルにチェックイン。



早速Chofoが最近オープンしたベニュー“Victoria Club Solemne”へ。今回インターナショナルゲストは自分が初とのことで、とても貴重なギグ……ドキドキ。僕が着くころにはChofo率いるクルーがウォームアップをしてくれてました。前回のギグの評判が良かったみたいで、今回も楽しみにしてくれいるお客さんからgたくさんのお声かけを頂きました。自分としてはさらにパワーアップした姿を見せるチャンス。ダークディスコ〜ニューウェーブ〜テクノを織り交ぜ、自分らしさが出せたセットが出来たと思います。この日は翌日のChofoの湖の新しいResort Venue Azul Rosaでのギグのため、早めに切り上げました。


翌日はChofoと彼の兄弟と息子と4人で車で湖へゴー。グアテマラの自然は本当に感動するほど素晴らしい……。山、湖、自然の中で数日ステイ。本当に素晴らしいの一言です。みんなが声を揃えて、Azul Rosaは良い意味ですごいクレイジーだから、楽しみにしていてとのこと。寝不足だったので、プレイ前まで沈没してしまった(笑)。


Azul Rosaのお客さんは、かなりアッパーでみんな楽しくダンスしていました。また、お客さんとの距離が近く、かなり密着しているので、お客さんがグイグイと引っ張っていくのが印象的です。さて、自分の番がスタート。予想通り目の前でお客さんががっつり踊りながら、僕をリードしてくれました。昨日のギグより、もっと攻めたセットでのプレイを心がけます。ロケーションも湖の前で素晴らしいし、お客さんのエネルギーも素晴らしいし、スペーシーかつアグレッシブなダークディスコ〜ニューウェーブ〜テクノ〜クラッシックなプログレッシブハウスも混ぜてプレイすると、アッという間にクローズ……かなり満足したプレイが出来ました。

その後はメキシコのギグまで、自然を満喫しました。素晴らしい大自然と触れ合い、かなり気持ちをリセット出来ました。ってことで、

「Thank u Chofo,Victoria Club Solemne,Azul Rosa,Guatemara Family.」

■MN RoyのRodrigoと
■素晴らしいベニュー“Toledo Rooftop”


グアテマラの素晴らしい自然とお別れをし、メキシコシティーへフライトバックです。今回もZampaとVictorの家にホームステイさせてもらいます。翌日、メキシコシティのFM放送局Aire Libreのラジオショーへ。今回のラジオショーは、サウスアメリカツアーでゲットしたサイケデリックロック〜ニューウェーブ〜ディスコの70s〜80s Only Setを披露しました。Mixcloudのリンクから視聴出来ます。ぜひチェックしてみてください。





ラジオショーを終えると、ルーフトップのギグ“Toledo Rooftop”へ移動です。前回プレイさせてもらったMN RoyのRodrigoとのプレイ。Rodrigoからはハッピーバイブスのセットの依頼だったので、ディスコ〜ハウスをメインにプレイしました。素晴らしいロケーションのベニューだったので、メキシコシティーの素晴らしいロケーションにて気持ち良くプレイさせてもらいました。ってことで、

「Thank u Rodrigo,Toledo Rooftop」

この記事をツイート

この記事の関連情報